« ツミビトはあなたの方だ | トップページ | お疲れさん »

2010年11月19日 (金)

変わらぬ朝

 亡国の左翼政権が

 何をしでかそうとも

 この風景は

 変わらないかもしれない

 だがもしこの国が

 中国になってしまったら

 きっとこの美しさは

 失われてしまう

 それはかの国から逃げ出している

 エリート達が知っている

 そして

 この渡り鳥たちが

 一番良く知っているのかもしれない

Photo

 

|

« ツミビトはあなたの方だ | トップページ | お疲れさん »

コメント

日本はもう少し強く出てもいいと思うんです。北朝鮮のように国内事情が困窮してても交渉次第ではアメリカと対等に話ができるのです。今回の尖閣沖の領海侵犯ならびに一連の政府の対応のまずさから、国民は「こっちが爆弾落とさなければ向こうも落としてこない」という理屈が通じる国と通じない国があるという危機感を学びました。左派とはとても危険な側面を持つという事実、国家の経済と軍事が磐石な場合でしか通じない理屈を押し通そうとする危険な集団であることがわかったと思います。それもこれも映像が漏出したことに起因します。本当にあの保安官には頭が下がります。

投稿: hidero51 | 2010年11月20日 (土) 09時56分

hidero51さん

 おっしゃるとおり、強く出なければ駄目なのだと思います。

 なめられるとかそんなレベルの話ではなく。国が生きるか死ぬかということですよね。

 それはすなわち、国が滅ぼされ、文化は血塗られ、民は自由を奪われることに他なりませんから。

投稿: クーデルムーデル | 2010年11月20日 (土) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツミビトはあなたの方だ | トップページ | お疲れさん »