« 愚かな決断 | トップページ | 日本小児腎不全学会 »

2010年9月28日 (火)

勉強しましょう

 最近入院してくる子供達はゲームばっかりでちっとも勉強しない。昨年までは特に女の子は毎日課題を出すとちゃんと返してくれたが、今年は課題を出すところまで行かない。

 家に帰れば受験生が雁首そろえていて、そっちの面倒を見るので退屈はしない。高校受験や中学受験くらいなら特に数学や理科は得意なので、まだまだ難問と言われるものでもひらめくものだ。さすがに大学受験の問題は無理だろうが・・・

 一緒に問題をにらめっこしていると、自分が学生だった頃、なにより恩師の顔を思い出す。しょっちゅうなぐられていたが最後には認めてくれたT先生、自分を安売りするのだけはダメだと諭してくれたK先生、お前が何故委員長に選ばれるのかわからんとなじったI先生、海軍兵学校の思い出を語りながら物理の問題を解いていたH先生、問題の解答を答えさせる時に伸ばした指先の奥半袖の中身にドキドキさせられたO先生、ちっとも色あせずに思い出すことができることに驚く。

 昨日はふと、大学のある恩師の顔と言葉を思い出していた。耳鼻科の助教授だったK先生は、「10年だ、10年がむしゃらに走ってみなさい。その後の10年は面白い人生になるに違いない。惰性でも行けるけれど、きっと面白くなる。20年後からはもう一度気持ちを入れないと難しい。」と飲みながら語ってくれた。

 今年で医者になって18年。でも先生、今勉強するのが面白いのだけれど、あと2年で気合いを入れ直さないといけなくなるのでしょうか?医学も人生も勉強すればするほど面白いです。まだまだ先は見えません・・・

 

|

« 愚かな決断 | トップページ | 日本小児腎不全学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愚かな決断 | トップページ | 日本小児腎不全学会 »