« お腹にも | トップページ | Fluの動向 »

2010年8月24日 (火)

印旛沼環境・体験フェア

 今週末の土曜日、10時から佐倉ふるさと広場にて印旛沼環境・体験フェアが開催される。印旛沼流域の13市町の長が船により集合し、流域関係者団体との話し合いが行われると同時に、コンサートやEボート体験・屋形船体験など楽しむことができるようだ。

 これに先立ち、ふるさと広場(風車の辺り)周辺では会場作りが行われている。いつもお祭りが行われる時と同じく風車周囲の畑は踏み固められて特設ステージが、そして川縁の葦原は重機で踏みつけられた上ではぎ取られている。どうもこの環境フェア、葦原の再生能力を試しているようだ。

 よく知られたように、葦原は動植物のゆりかごであるだけでなく、湖沼の水質改善の役目も果たしている。写真に示す中央茶色に変色している所が葦原の群生地だったのだが、これを環境フェアの目的で潰すというのだから、上記のもくろみがあるとしか考えられない。葦原保全のために尽力している湖沼は日本各地にあると聞くが、ここ印旛沼は再生能力が高く、すぐに回復するということなのだろうか・・・

2010824

|

« お腹にも | トップページ | Fluの動向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お腹にも | トップページ | Fluの動向 »