« 予防接種 | トップページ | 研究会 »

2010年7月15日 (木)

日本沈没?

 選挙前に多く語られてはいなかったが、民主党が突然消費税10%などと口走ったのは何故だろう。消費税を語れば選挙に負けることくらい、選挙一辺倒(選挙で勝てば官軍)だけという政党なのにと皆さん思わなかったであろうか。

 その答えが今日の報道で示されている。国際通貨基金(IMF)が日本経済の建て直しのために、数年で消費税を15%まで段階的に上げることが必要との声明を発表したのだ。なんのことはない、ギリシャのように潰すぞと数ヶ月前の国際舞台で脅され、あわてて10%と口走っただけであろうことは容易に想像がつく、いや想像していた通りだ。

 財界の人達は財産をほとんどドル建てにしている。金(きん)にする人も多いと聞く。一般の人達もそうした方が良いよと囁きが漏れてくる。ただ日本が潰れたら、ドル建てだろうが金だろうが、への突っ張りにもならないように思う。そうなったときにその財産を吸い上げる仕組みを政府も勘案していると聞く。

 どうも国内の経済情勢がうさんくさい。地方の景気の悪さは半端じゃないものになっているが、東京証券取引では妙に威勢がよい。車の生産拠点は海外へどんどん移され、不動産は中国人に買い漁られている。本当はどこにあるのか・・・

 どうするべきか考えるほどの余裕はない。時間もお金も。そうなりゃ住宅ローンもチャラか?なんて妄想するくらいが関の山だ。

 

|

« 予防接種 | トップページ | 研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予防接種 | トップページ | 研究会 »