« 書いたけれど | トップページ | 久々に柏 »

2010年6月30日 (水)

すり抜けた

 手掌にこぼれ落ちてきそうな光が指の間をすり抜けていった。

 これほど魂を揺すぶってくれた代表があっただろうか。最後の最後までファイトしつくす姿は、例え海外から凡庸な試合と言われようとも美しく猛々しいものだった。

 確かにパラグアイの個人技は巧かった。でもあと数センチで光をつかむところまで来ていた。だからこそ余計に悔しい。

 胸を張ろう。ここで得たものはとてつもなく大きい。

 そしてJから、地域からサッカーを楽しもう!

 

|

« 書いたけれど | トップページ | 久々に柏 »

コメント


久しぶりにテレビに釘付けになり、興奮し、目頭が熱くなった一夜でした@実家。

試合が終わって王子を見に行くと、お布団からはみ出して寝ていました・・・将来を期待できる脚力を持っているみたいです(笑)。

投稿: ゆき | 2010年7月 3日 (土) 00時11分

ゆきさん

 規格外のFWとして育てあげて下さい。

投稿: クーデルムーデル | 2010年7月 3日 (土) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書いたけれど | トップページ | 久々に柏 »