« こんなことって | トップページ | 心の眼 »

2010年6月26日 (土)

規律

 なぜこれ程までに規律正しいディフェンスが観られるようになったのか。約束事をきちんとこなすと余裕が産まれ、前への推進力も得た。予期せぬ事態が起こっても、局面でファイトし、カバーすることを怠らなければ、混乱は伝染しない。これぞディフェンスの妙義。日本のDFは本当の意味での日本らしさを体得したようだ。しかし何故今・・・

 これまでの親善試合やアジアでの戦いでは、局面のみで打開が可能であったため、組織的な約束事が決められぬままだったのではないか。約束事とは4-3-3がどうのとかいうシステム形式のことではなく、どのようなフォーメーションで攻めて来たらどう対応するのか、どういったボールがどこにはいってきたらどう動くべきか、そして抜かれた場合のカバーは誰がどうアタックするのか、そういったことを事細かに決める事だ。瞬時に出来なくては効力は半減してしまう。そのあたりが全く見えなかったので、これまでの試合は凡庸であったのだ。ただ単にリアクションサッカーが目の前で展開され、なんとなくゴールが産まれる試合・・・そんなものに金を払う価値はない。

 直前の韓国にたたきのめされ、イングランド、そしてコートジボアールに対処するため、細かいルールを決めたのだろう。カメルーン戦ではたどたどしいも何とか形になり、オランダで確信が持て、デンマークで確立出来たと考える。そうであるならば、このDF形式を手に入れた日本は強いはずだ。

 ここまで来て初めて決定力がうんぬんという話になる。行き当たりばったりのリアクションサッカーではない、本物のサッカーが繰り広げられることになる。それもこれも本気の試合を体験したからに相違ない。体験して初めて日本のあるべき姿が見えてくる。サッカー哲学もそこに産まれ、文化が出来る。日常的に本気の試合をしているヨーロッパや南米諸国にサッカー文化が根付いているのは当然だ。

 日本が今大会でどこまで行けるのかは神様しか知らない。そんなことより、折角芽生えたこの規律正しくも激しいDF文化も続けなければ忘れ去られてしまう。そうならないためにどうするべきか。皆で議論すべき時が来たようだ。

|

« こんなことって | トップページ | 心の眼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなことって | トップページ | 心の眼 »