« 入江 | トップページ | 窓口 »

2010年5月14日 (金)

講演

 電車の中吊りを眺めていて目が点になった。東邦大学薬学部生涯学習講座が今月開催され、公聴自由で云々というもので、とても清潔な感じのする広告であった。それでどうして目が点になるのかって?

 実はこの講座、年4,5回開催されているようだが、ひょんなことから今年7月の講演を私が担当することになってしまったのだ。急病診療所での私の診療の様子を見て、面白いことを言ってるから小児の救急という分野の講義をさせてみようということになったらしい。当初はそんなことなら喜んで、っと二つ返事で引き受けてしまった。しかし講演する講師陣をチラッと見せてもらうと・・・どこそこの専門家ばっかりじゃない?!おまけに大講堂の他、当日席は大型スクリーンライブ映像会場って・・・

 小児の救急・・・専門ですと胸を張って言えるわけではないが、2時間話すべくスライドでも作ることにしよう。どうせ話をするのなら、○×大学の先生達みたいな話じゃないのをやってみよう。あれも入れて、これも入れて・・・

 さて一体どんな講義になることやら。

|

« 入江 | トップページ | 窓口 »

コメント


行きた~い!
いつ、どこで、何時からですか?

息子が一緒でも入れますかね?

最近、京成…というより電車に乗らないので、その広告もご無沙汰です。

投稿: ゆき | 2010年5月15日 (土) 12時03分

ゆきさん

 おそらく上記講座をネット検索すると詳細がわかりますよ。5月も6月も9月もあります。

投稿: クーデルムーデル | 2010年5月15日 (土) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入江 | トップページ | 窓口 »