« カヌー競技 | トップページ | 切り裂く »

2010年4月19日 (月)

悩ましいぜ

 悩殺プレイにメロメロである。笑顔で誘っておきながら、突然プイッとするなんて・・・

 ほんのりピンク色のスベスベの肌。手を伸ばして触らずにはいられない。

 なぜなら彼女はもう半年もの間、発熱を繰り返しているのだ。それも弛張熱を1週間続けた後、1〜2週間39℃を持続したかと思うと、ピタッと解熱し、そして1ヶ月と置かずそれらを繰り返すのだ。症状は発熱のみ。それもニコニコの笑顔でやってくる。そして採血するとバカ高い炎症反応を呈している。血液からも尿からも細菌は検出されない。もちろん抗生物質など効かない。免疫異常はなく、悪性腫瘍もマーカーから否定的。一応周期性炎症症候群を疑ってはいるのだが、IgD, TNFαは異常なく、IL-2, IL-6は高値を示している。果たして・・・

 それにしてもゆうたん(仮名)・・・ようやく1歳だというのに悩ましい女だぜ。。。

 

|

« カヌー競技 | トップページ | 切り裂く »

コメント

以前こちらでお世話になりました鳥兄弟です。

5歳になった息子は、現在3~4ヶ月ごとに発熱・リンパの腫れが主な症状を繰り返してました。
今年の初めは、ノドに膿があるものの菌が見つからなかったため
「周期性発熱症候群」と診断されました。
今まで病名がわからずに抗生物質も効かず困っていましたが、病名が判明した今はすっきりしました。


彼女と似た症状だったので、コメントさせてもらいました。
失礼しました。

投稿: 鳥兄弟 | 2010年4月19日 (月) 09時30分

沖縄の症例ですが,focus不明の高熱,高炎症反応を繰り返した髄液瘻の子がいました.L/Pしたら白血球増多を認め,お母さんの「よく枕が濡れています」にピンと来た主治医がよーく探してみると,高位頸部にpin holeがあったそうです.汚染だから血培も生えないし,ドレナージされているから脳圧も上がらずそれほど重篤感がなかったと思われます.
先生の症例はfull work upされてfocusが見あたらず,全身状態も発育も保たれている訳だから,検索を続けながらwatchですな.

投稿: Diabo com Fome | 2010年4月19日 (月) 15時10分

鳥兄弟さん

 ご無沙汰しています。

 この病気は診断に至るまでとても長い時間がかかるようです。疑っていても、教科書通りの検査データなどがそろわないとなかなか診断に直結出来ません。

 少しずつ患者さんたちの詳細な報告が集まり、診断に至るケースが増えてきたところです。

 また診断に至ってもその後の手段として手札があるわけでなく、難儀します。診断できた素晴らしい主治医の先生とよくよく相談なさってください。

 コメントありがとうございました。

投稿: クーデルムーデル | 2010年4月19日 (月) 16時12分

Diabo com Fomeさん

 なんにも手掛かりがないんですよ。

 お母さんとも苦笑いしあうだけで・・・

 ふぅ・・・・・

投稿: クーデルムーデル | 2010年4月19日 (月) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カヌー競技 | トップページ | 切り裂く »