« 歩こう | トップページ | 謎の鳥 »

2010年1月26日 (火)

自由という素晴らしきもの

 自由を求めて闘った歴史を学ぶ時、この時代に生まれたことに感謝した。先々週の龍馬伝を見たときも自由を思った。そして子供達に自由を語る材料にさせてもらった。

 ふと新聞に目をやると、中国の農村には自由がないとあった。農村戸籍と都市戸籍では自由度がまるっきり違うらしい。農村戸籍を有する者は、一生土地に縛り付けられることになるとのこと。都市戸籍を得るためには、学問で身を立てる他ない。それも生半可な成績では叶わぬ夢らしい。かの地では血のにじむ努力をして自由を獲得しようともがく青年達がいる。

 自由の素晴らしさは、それを踏みにじられた時にしか感じられないものだろうか。いや実感することは出来ないにせよ、想像することは出来る。毎日とは言わないが、自由の素晴らしさをもっと感じ、考える習慣をつけなくてはならない時なのではないか。

 漫然と流れる自由に身を任せ、永住外国人も自由でよいとばかりに選挙権を渡し、国防のほとんどを任せきっている米兵に出ていけと迫る我が日本。義務を果たさないところに自由は存在しないという教育を受けずに育つ日本人ならば、義務はここにありと被災地域に国軍を派遣するも、自国のシーレーン防衛は人任せというのも頷ける。

 一般生活に目を向けても、違法駐車はなくならず、一般道ではない生活道路での爆走など当たり前。無灯火自転車、信号無視、携帯使用運転は子供にまで広がっている。自らの利益のためだけに生き、己の欲のまま法の隙間を抜ける大人達を見ていれば、子供もそうなってしまうのは自明だ。

 襟を正そう。この自由のために。

|

« 歩こう | トップページ | 謎の鳥 »

コメント

不自由があっての自由.
不幸があっての幸せ.
無知を知ることから学習が始まり.
孤独を知るものが忠恕を身につける.

今の日本に蔓延するものは.
自分の自由を信じて疑わず.
自分が不幸になる事は他人のせいだと思い.
何でも知っているつもりのクセに.
自分の肉親にすら責任を持たない.
孤独が恐くても.
携帯を握りしめることしか出来ない.
そんな情景でしょうか.

前提を変えないと,思考能力が劣化してしまった日本人には判らないかもしれません.
生まれたときからの平等なんてありえない.
誰しもが健康で幸福である権利なんて存在しない.

だからこそ.
藻掻きながら.
何かを掴もうと.
どこかへたどり着こうと
生きていくのだと言う事を判るためには.

みんな自分で決めなくてはならない事なのに.

投稿: Diabo com Fome | 2010年1月26日 (火) 13時43分

Diabo com Fomeさん

 どこにでもお手本は転がっているように思えるのですが、見えず考えない人が多すぎます。

 せめて自分の周りにいる子供達には伝えたいと願うこの頃です。

投稿: クーデルムーデル | 2010年1月27日 (水) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歩こう | トップページ | 謎の鳥 »