« 寒くなくちゃ | トップページ | 自由という素晴らしきもの »

2010年1月25日 (月)

歩こう

 先週のとある朝。子供が絶対必要だからと玄関先に前もって用意していた物を置き忘れて登校してしまった。出てまだ間がないので、今持って出ればすぐに追いつくだろうと思って家を出た。しかし結局捕まえられたのは校門直前。無事渡せたが、さて通勤はどうしたものか・・・

 いつもなら自転車である、なにも迷うことなくそのまま走り出せばよい。しかしその日は午後から雨が予想され、電車で最寄り駅まで行き、そこから歩くつもりだった。駅までは職場と反対方向だ・・・歩くか!

 子供達とサッカーやラグビーでどろんこになる公園を抜け、田の畦道を通り、小川を越え、車通りの多い道を避け、民家の裏をくぐり、印旛沼を見晴るかす坂を上った。

 小一時間かかったが、街の息づかいが自転車よりもよりはっきりと感じ取れた。それに梢の枝先のふくらみも見て取れ、春の足音も眼で感じることが出来た。

 たまにはこうやって歩くのもよいものだ。

 外来でちょくちょく見掛ける子供の呼ぶ声が聞こえる。車から身を乗り出し、手を振ってくれていた。大きく手を振り返すと、笑顔でじゃあねと叫ぶ。やっぱりよいものだ。

 職場へ着くと、なぜあんなところを歩いていたのかと数人から尋ねられた。そんなに怪しいやつに見えたかな・・・でも仕事も快適にこなせたので、万事OK!

|

« 寒くなくちゃ | トップページ | 自由という素晴らしきもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒くなくちゃ | トップページ | 自由という素晴らしきもの »