« もどかしい | トップページ | ジェレミーが ねっ »

2009年12月 1日 (火)

給食大盛り!

 腎炎で薬を飲んでいる小学生がいる。同時に喘息でも内服等続けている児だ。彼自身もそうだが、この児のお母さんも弟もとてもユニークなので、いつも外来で笑いが絶えない。

 週末39℃の発熱でうなっていたが、月曜になって熱が下がり始めた。このまま学校へ行っても良いか、治療は必要かとのことで昨日来院された。喘息が悪化しているわけでもなく、インフルエンザが流行っている学校ならば、それとして様子を自宅でみてもらって全く構わないのではあるが、今週Pandemic Fluのワクチンを接種する予定でもあり、これがインフルエンザなら接種しなくて済むからとのこと。確かに¥6150を子供二人にするのは、なにかと年末物いりの季節にはちと厳しいかも・・・

 実際に拝見してみると、咳が結構出始めていた。咽頭所見はインフルエンザっぽいものの、クラスには誰一人感染者がいないとのこと。登校班にもいないとすると・・・基礎疾患もあるので、迅速検査を施行してみたところ、A(+)。これなら罹っているようですねとお話しした。

母「クラスで一番最初じゃない!他に一番になんかなったことある?もう、一体どこでもらったのよ。」

児「実は・・・隣のクラスがインフルエンザで学級閉鎖になってて・・・それが閉鎖が終わっても来てる人が少ないから・・・給食が余ってて・・・」

母「あんたそれもらいに行ったの?」

児「・・・・だってうちのクラス誰も休まないから、給食余らないんだよ。だから・・・」

 そういえば学級閉鎖の嵐で給食が余って出血大サービス大盛り!を敢行している学校が栃木などにはあるらしい。給食の食材も使えず捨ててしまっている現状も聞いてはいたが、そうかこういうこともあるのか。

母「でもこれで予防接種しなくていいから安く済んでよかったわ。弟も移らないかしら。」

 ちょっと待って、例えいつものインフルエンザより軽いからと言って、罹らない方がやっぱりよいと思うよ。

 ってことで、昨日もなごみの外来終了・・・・

|

« もどかしい | トップページ | ジェレミーが ねっ »

コメント

お、おもしろい親子ですね。

ある意味、これくらいの余裕がある母親になりたいものです(笑)。

投稿: ゆき | 2009年12月 1日 (火) 10時12分

ゆきさん

 私の外来はこういうお母さんが多いです。

投稿: クーデルムーデル | 2009年12月 1日 (火) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もどかしい | トップページ | ジェレミーが ねっ »