« 志賀高原 | トップページ | これだよ »

2009年12月30日 (水)

素晴らしき志賀高原

再び
 志賀高原に魅せられ十数年。子供のスキー学校のお迎えと称し、同僚に無理言ってほぼ毎年来ている。定宿も出来て暖炉を囲みながら酒を酌み交わすのも一興。最近は暖炉の火でピザを焼いてくれるようにもなり、益々暖炉から離れられなくなった。ということで今暖炉の前でこの記事を書いている。

 冬山だけでなく、夏山の良さを知ってしまったここ数年は、夏から秋にかけて週末登山にも来ている。志賀山から大沼に抜けるコースはとても気持ち良いものだ。

 ところで今年来た時に宿のオヤジさんが、今年はカマキリの卵がえれー高いところに出来とるから雪が多いんでねーべか、と言っていた。12月の初めにドカ雪が積もったようだが、その後はさっぱり。確かにゲレンデの雪はとても少なく、ところどころに草や石ころが見える。気温も高く、いつもより一枚薄着で全く問題ない。

 この状況はスキーをガンガン楽しみたい人には少々難がある。しかし景色を楽しみながらであれば、むしろいつもより良い。いつもなら吹雪く志賀高原も、御覧の通り。雲海を眼下に従え、横手山・浅間山・北アルプス、そして遠くに富士山も見晴るかせる絶景は格別だ。赤く染まった焼額山を背にゆっくりと丸池を目指してシュプールを描く。至福の時だ。

 ねっ、オヤジさん。

|

« 志賀高原 | トップページ | これだよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志賀高原 | トップページ | これだよ »