« 川崎病にインフルエンザが合併したら | トップページ | そうか »

2009年10月28日 (水)

批判だけの野党はブザマ

 批判だけなら誰でもできる。もっとも気の利いた物言いは難しいのだが。

 鳩山首相の所信表明演説が先日行われた。賛否両論合ってしかり。しかし各党首によるコメントがありきたりでつまらなすぎる。

 これほど心に響く所信表明演説はないと賞賛する声が結構聞こえてくる。

 逆に反対者は皆こぞって具体性に欠けると言う。

 あの短時間(鳩山さんは一時間も使ったようだが)で具体的な内容を述べることができると思えないし、具体的である必要も感じない。むしろこの国をどうしたいのか、それを聞きたいのだ。

 実際にどれほどの人達がこの演説の全文を知っているだろう?今はネット時代、すぐに取りそろえ、読むことが出来るので、どうぞ。そしてこちらは安倍元総理のものだ。どれほどの違いがあるか読み比べて欲しい。少なくとも具体性に欠けるなどどうでもよいことだ。一体どちらの意見に賛同できるかってところに尽きるだろう。

 鳩山さんは具体的な国民の声を代弁する手法を取り入れた。それが響いているのかもしれない。しかし全文を読み比べてみて、私は阿倍さんの演説の方に共感を抱く。彼をフォローするブレーンさえいたらと嘆くばかりだ。なにより教育、外交についてこれだけしっかり日本の立場を示した演説はなかっただろう。少なくともこの2項目について鳩山さん率いる民主党の姿勢は到底納得できるものではない。

 自民党の谷垣さんは、アホな一言コメントなど残す暇があったら、代表質問で徹底的にこれらの相違点を追求して欲しい。それが何十年にも渡って政権を担当してきた政党の義務であろう。 

|

« 川崎病にインフルエンザが合併したら | トップページ | そうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川崎病にインフルエンザが合併したら | トップページ | そうか »