« 未服用が死を招いた? | トップページ | 移動性関節痛 »

2009年9月 6日 (日)

近親はまずいよね

 飼っていたカブトムシたちが秋風と共に去っていった。

 残された亡骸をちゃんと埋めてくるよう子供に話した。すると庭で私を呼ぶ声がした。外へ出ると飼育箱の中から出るわ出るわ、大小入り交じってカブトムシの幼虫が転げ出てきたのだ。

 昨年採集してきたカブトムシが卵を産み落とした。それが無事成虫となって飼育箱にそのまま入れられていた。今年は残念ながら採集したカブトムシはいなかった。とするとこの幼虫たちは・・・

 もちろん最初のカブトムシも2,3匹というわけではなかった。だから心配は無用かもしれない。しかし遺伝学上おそらく虫も人間も一緒で、近親による交配は劣性種を生むことになる。う~~む、どうする?かといって今更放り出すのも教育上よろしくない。

 つまり来年こそは新たなる血をこの飼育箱に持ち込む必要があるということだろうと勝手に考えた。まずはこの幼虫たちを立派に大人にさせなくてはならない。もしかしたら成虫になれないかもしれないのではあるが。

 ということで来年の自由研究はこれで決まりと・・・・

|

« 未服用が死を招いた? | トップページ | 移動性関節痛 »