« 移動性関節痛 | トップページ | 民主党よ、やっぱりか・・・ »

2009年9月13日 (日)

Flu特集NHK

 先程NHKでインフルエンザの特集をしていた。びっくりしたのはこんなに急激な呼吸不全は見たことがないという米国医師の言葉と、未だに季節性のインフルエンザと新型は同等の危険性しかないと間違った認識をしている医者がいるとのたまう東北大の先生の言葉だった。

 インフルエンザに限らず、突然重篤な呼吸不全や脳症を来すウイルスは日常にあふれている。たとえば手足口病のウイルスであるエンテロ71だって、生来健康な人に感染して重篤な状況を作りうる。突発性発疹もしかり。ウイルス感染に対し、人体そのものの反応は人それぞれだ。ほとんどの人は過剰な反応なく過ぎ去るものなのだ。

 毎年のインフルエンザでも脳症で数十人の日本の子供達が無くなっている。それを止める手立ては今のところ皆無だ。ステロイドなど免疫に作用する薬を投与したり、身体からサイトカインという攻撃物質を取り除く処置をすることで治る人もいるのだが。

 イギリスではネットでFluと自己診断すれば、タミフルを自動的に手に入れることができるそうだ。ただし受け取りには感染者本人ではなく、近親者によって行われるとのこと。感染者が家の外に出ないという方式には大賛成だが、おそらく大多数の方に意味のない服用を義務づけることになっているだろう。そして行き着く先は、タミフル耐性新型インフルエンザの早期出現&蔓延なのだろう。

 米国CDCの勧告ではタミフルの使用基準が示されている。1週間ほど前に改訂されているが、それもこれまで述べてきた通りだ。一つ付け加えられた文章があり、それに過剰反応してすべての罹患者へタミフルを使用するべきだと言い出す日本の医者も多い。それは救急で受診した呼吸困難を訴える患者は注意を払うべきで、タミフルを使用することを薦めるというものである。彼らは救急受診したすべての患者と認識しているのは明らかだ。

 私はこれまでの診療スタンスを変えるつもりはない。しかしこの番組を観た人に私の考えがどれだけ受け入れられるだろう。もちろんなんとかの一つ覚えで、タミフルをすべての人に処方することなど朝飯前だが・・・

 なには置いても一つだけは守って欲しい。新型インフルエンザは検査しても半分の人が陽性反応を示さない。症状がどれだけ重くなっても反応は鈍い。診療に訪れたところで、検査の判定はへのつっぱりにもならないのだ。インフルエンザにかかっていない証明などできるはずもない。この際発熱、咳、関節痛などの症状を持つ人は、おとなしく家で養生してほしい。病院へ行かなくてはならないタイミングは、発熱してから3日経っても症状が重くなる場合と、呼吸が苦しいないしは高熱にもかかわらず青い顔をしている時だ。

|

« 移動性関節痛 | トップページ | 民主党よ、やっぱりか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 移動性関節痛 | トップページ | 民主党よ、やっぱりか・・・ »