« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

耐性トンフル

 やはり出たか。いや相当に早いお出ましだ。

 デンマークでタミフル耐性を獲得した新型インフルエンザが発見された。これが蔓延しているというわけではないが、やみくもに使用していれば必ず起こるだろうと予想されていた耐性獲得だ。使わなければ耐性の獲得はなかったかと言われれば、どうかは定かでない。しかし軽症者にタミフルを使用するならばいずれは獲得するだろうと思われていた。それにしてもあまりにも早い出現に驚いている。

 このブログでも警鐘を鳴らしてきたように、健康な若者に新型インフルエンザが感染したからといって、タミフルを使用しなくてはならない道理はない。重篤となりうる者に限るとしなかったツケを慢性疾患を持つ多くの人達が共有しなくてはならなくなりそうだ。今からでも、タミフル使用抑制をすべきではなかろうか。

 タミフルにかわる新しいインフルエンザ治療薬が続々と開発されているという情報は確かに存在する。しかしそれが使用に耐えうるものかどうかはまだ定かではない。ならば切り札としてとっておくことは意義のあることだろう。

 さてそうこうしている間に、南半球ではインフルエンザの流行期を迎えている。赤道直下や北半球は爆発的流行とはならないはずだ。予想通り、日本を含めアジアは散発地域になっている。今朝のニュースではインドネシアに広がった場合、強毒性を持つ鳥インフルエンザとの交わりが、より恐ろしいインフルエンザウイルスへの変異をもたらすのではないかと報道されていた。確かにその可能性はある。

 ただ名指してインドネシアというのはどうか。昨年までの累計ではインドネシアが鳥インフルエンザ発症例のトップを走っていたが、今年上半期だけを見ればインドネシアでは報告がない。上半期のトップ3はエジプト・中国・ベトナムだ。こと感染症動向について憶測や流言飛語は悪としか言いようがない。猛省すべきであろう。

 それにしても上半期ベストテンとして流行歌なら胸躍るところだが、鳥インフルエンザ発症と言うと・・・

| | コメント (6)

2009年6月29日 (月)

そりゃあかんわ

 小児腎臓病学会が終わった。口演は演題制限があり、珍しい症例とか優秀演題というものが口演になり、他はポスター等になるのだが、今年は特に制限が厳しく、口演演題はとても少ないものだった。手前ミソだが、割と珍しい症例報告をしたので、口演として扱って貰えた。

 ただ口演の中にも、それは言い過ぎぞなもし?ってな発表もあったし、質問にしてもそれは時代が2世代くらい前の話じゃね?ってのもあって、がっかりしたところも見受けられた。そんな中でも優秀演題として表彰された演題は、とても面白い内容で、とても参考になった。また日々疑問に思っていたことが演題として取り上げられ、それらの演者とのディスカッションはいつもならが楽しかった。

 土曜の昼は願い通り、巨匠の店へ行った。新世界某という中華だったが、料理以前にあっちでモクモク、こっちでモクモクとタバコで溢れて料理を楽しむという雰囲気ではなかった。店員の対応も悪くなかったのだが、あれはダメだ。折角楽しみにしていたのに・・・

 さて勉強したくなるポイントも絞り込めてきたので、また一年間励めそうだ。

| | コメント (0)

2009年6月25日 (木)

小児腎臓病学会

 明日から東京で小児腎臓病学会が開かれる。先程八千代のカンファレンスから戻り、一息ついたところだが、明後日発表もあり、寝るのにはもう少しかかりそうだ。

 う〜〜ん、会場は神保町か・・・

 まてよ、そういえばTBSの『チューボーですよ』で神保町の巨匠ってよく出てくるよな・・・

 ランチョンやめて、レストラン巡りもよいかも・・・・

 ハイ、勉強してきます。その前にスライドを少々・・・

| | コメント (2)

 正義の味方

 ある患者さんのお母さんからいただきました。

 『早期発見、正義の味方』

 うちの検診部一同、泣いて喜んでおりました。本当にありがとうございました。

Photo

| | コメント (2)

2009年6月23日 (火)

甲状腺機能亢進症

 先々週、ひょんな事から相談を受け、拝見してびっくり。結構な状態の甲状腺機能亢進症の児だった。半年前に盲腸の手術を受けたというから余計にびっくり。よくクリーゼを起こさなかったものだ、というよりそのころも既に症状があっただろうに、外科の先生気付いてよ・・・

 心悸亢進、発汗、体重減少、おまけに落ち着きなく、学校成績も少しずつ悪くなっている様子。そりゃそうだ。TSHは感度以下、F-T4は5ng/mlを越えているのだ。階段上るのも、歩くのも辛いということで入院してもらった。早速βblockerとMMIを開始した。今少しずつ落ち着いてきている。

 それにしても落ち着きなく、絶えずしゃべり、よく食べる。面白いからよいが、それだけハイなのはホルモンのせいだけ??ということでまだ入院中だ。

 これからは薬の副作用とホルモンバランスに注意が必要だ。小生内分泌の専門家ではないので、ここから匙加減が必要となるのであれば、専門家に相談するほかなくなる。10年ほど前まではちょくちょくこの病気の患者さんのフォローアップをしていたので、ブラッシュアップを図るとしよう。

 これから長い付き合いになりそうだ。よろしくね。

| | コメント (7)

2009年6月22日 (月)

ダメだこりゃ

 知り合いから送られてきた

 どうぞごらんあれ

 O5cfxbbw8el1kwsl1uls5wipo1_400

| | コメント (2)

日食(日○食品にあらず)

 1ヶ月後に迫った皆既日食。そりゃ休みをとって見るしかなかろう・・・とも考えたが、学校が夏休みに入ってすぐなら検査で来院する子供達で外来はいっぱいになるころだ。しかも皆既日食を見るのであれば、上海・奄美大島・硫黄島ラインに行く他なく、日帰りの出来る場所ではない。あきらめて似て非なる部分日食をチラ見することとした。

 日食を見るためには、欠けて光量が減少しているとはいえ、日光を直接目に入れることになる。当然そのままでは網膜が機能不全に陥ってしまう。光量を出来るだけ減少させるフィルターを使用しなくてはならない。

 子供のころ日食を見るために、白黒フィルムの現像後の黒い半端物を重ねて眼鏡を作った。ものの本にはススガラスでも OKと書かれていた。4割ほど欠けた日食を興奮しながら見たことを思い出す。今や昔通りのフィルムもなく、ろうそくそのものも良くなり過ぎてガラスにススがつかないようだ。とすれば、フィルターを購入するほかなく、2週間前にネットで手に入れた。

 日食用の眼鏡そのものも売ってある。それを買うだけでは面白みも半減する。フィルターとなる特殊フィルムを購入し、眼鏡を自作することにした。どうもそう考える人は多いようで、考えていた大きさのフィルムはすでになく、少し大きなフィルムを購入することにした。これならば双眼鏡に貼り付けることも可能で、面白さ倍増だ。
Sheet1_s

| | コメント (2)

査読依頼

 先週、突然査読依頼が舞い込んだ。どうせいかがわしい団体の冷やかしor金巻き上げメールだろうと削除しようとして手が止まった。Journal of Pediatrics・・・・おいおい、本物じゃないか!しかもJPって小児科ではど真ん中・本命の海外雑誌の一つだ。

 査読対象論文の内容は公表できないが、自分の得意分野であることは間違いない。一体どこからどうやってこういう依頼が来るようになるのだろう・・・一応医長だが、部長ではないただの勤務医のところに依頼するなんて?昔有名な先生の下で働いた時には、先生に届いた査読依頼をお手伝いすることはあったが。

 先々月あたりからアラブなんとかとか、インドネシアの某から査読依頼とか講演依頼がやってくるようになった。うさんくさいと思い、返事はおろか最後まで読んだためしもなかった。削除してしまったので、本当のところは分からないが、もしかしたらとんでもない失礼をしてしまっているのかもしれない。

 それにしても・・・私は知識も経験も他の偉い先生方に比べれば小僧程度だ。人望や徳も持ち合わせていない。査読依頼などケツがこそばゆくて仕方がない。たちの悪い冷やかしかもしれない。でもこれも勉強だ。やってみる他なかろう。ってことで依頼を受けることにした。すると早速論文そのものがメールされ、2週間で仕上げてくれと来た。今週は学会だから・・・

 *さてこのブログを読んでくださっている同業の皆様。査読依頼のシステムをご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。それからアジアやアラブ地域からの様々な依頼ってどう対処なさっていますか。

 

| | コメント (2)

2009年6月21日 (日)

やられた・・・

 本当に久しぶりにひどい風邪をひいた。

 この一週間激しい咳と鼻水で、マスクもすぐにぐっしょりなる始末。家でも眠れず、辛い一週間だった。こんなときは外来をどうするべきかとても悩むのだが、頻繁に手を洗い、うがいをし、鼻を始めとして顔付近を触らないよう注意を払いながら続けた。もちろん他の医師に任せることの出来ない、ちょっとヘビーな患者さんに限らせていただいたが。

 腎生検も自分の担当にもかかわらず、他の医師に替わってもらった。仕方ない・・・

 これまで異動で初めての土地へ行き、診療を始めると、途端に風邪をひいた。一年は繰り返すのだが、翌年はピタッとひかなくなった。ここ佐倉でも最初の1年は随分苦しんだが、もうここ数年少し鼻をグシュグシュすることはあっても、熱を出すこともなかった。土着のウイルスに慣れないと小児科診療は辛いと私は思っている。転勤の多い先生方、いかがであろうか?昨年やって来た後輩も昨年はひっきりなしにグシュグシュ、コンコンしていた。そんなものだろう。

 それにしても今日は寝ているのも辛いほどの湿気だ。このまとわりつく空気、耐え難い。再来週にはカンザスから男の子がやってくるのだが、日本のこの梅雨に耐えられるだろうか。

 ということで、やっとブログも再開!

 

| | コメント (2)

2009年6月14日 (日)

梅雨のひととき

梅雨のひととき
佐倉が誇る佐倉混声合唱団の20回目の演奏会に行って来ました。素晴らしい演奏会で感動しました。客員指揮者の田中信昭先生の曲作りには本当に驚きました。入団したいな〓

| | コメント (4)

2009年6月10日 (水)

梅雨を楽しむ

 印旛沼から利根川あたりを水郷と称するならば、今の旬はやはり菖蒲だろう。

 ラベンダーより愛されているのは間違いない。佐原の水郷祭りもよいし、佐倉城址公園の菖蒲ももちろん良いが、自転車道の道すがら、ひっそりと咲くものも風情がある。

 ってことで、今朝は印西自転車道でパチリ。

P1000009

| | コメント (9)

2009年6月 9日 (火)

ココログスポンサー

 ここの記事の下にはココログスポンサーの広告アドレスが記載される。

 自分の意に反するものも広告として載ってしまうので、とっても嫌だ。前回のものはステロイドに頼らないアトピー治療云々・・・そういう広告が患者さんを惑わすのだ。ステロイドと上手に付き合うことが出来れば、これほど有効な治療はないのに。

 まずは良く話を聞き、そして話してくれる医者を探そう。そしてその医者との共同作業を何年にも渡って行う心づもりをして欲しい。そうすれば、何が一番大切なことか見えてくるはずだ。

| | コメント (4)

2009年6月 7日 (日)

ラベンダー

ラベンダー
ラベンダーは今が旬。佐倉市でも印旛沼新川沿いにラベンダー畑が広がってます。良い香り〜

| | コメント (2)

2009年6月 5日 (金)

へぇ~~

 Nature medicineの記事 salt gets under your skin pp487 - 488。摂りすぎた塩分は皮下に貯まってマクロファージなどの活性化を促しているだって・・・それが血管収縮にも作用するとか。Naって身体全体でしか考えたことなかった。もしくは血管内or血管外っていう概念だけ。イントロだけでも引きつけられる論文なので、是非。

| | コメント (0)

ラジオの時代

 長男に「父さんの中学の頃って誰の曲を聴いてたの。」と突然問われた。彼はちょっと前までNARUTOという忍者漫画のサウンドトラックを終日かけっぱなしにしていた。今は『いきものがかり』や『GReeeen』などをかけているようだ。

 「中学時代か・・・あのころは必ずヒットチャートをエアチェックしてたよ。All Japanと全米っていうかBillboardの両方。そうか、エアチェックって言葉知らないか。エアチェックっていうのはな・・・・・」

 ふ~~ん、と分かったような分からないような様子で二階へと上がっていく彼を横目に、そういえば『大都会』とか、『異邦人』とか、『愛はかげろう』なんていまだに空で歌えるし、ノーランズの『ダンシングシスター』もシーナ・イーストンの『モダンガール』も、クリストファークロスの『ニューヨークシティーセレナーデ』もエイジアの『ハートオブザモーメント」』もあのころを思い起こさせてくれる。そうそう初めて買ったアルバムはアバのGreatest Hits 2だった。。。なんてことを考えていた。

 今のようにレンタルCDもなく、小遣いだって皆それほどもらっていなかったからアルバムを持っているやつも少なかった。レコードからCDへ移行する過渡期で、店から大きなLPがどんどんなくなっていって、なんだかちっぽけなプラスチックが並び始めたのにがっかりしたものだ。そのくせ親父が新しいコンポを買おうって言い出したとき、真っ先にCDが聞けるやつってパイオニアのコンポをせがんだっけ・・・買えやしないけれど、聞こえてきた曲をレコード屋で確認したこともしょっちゅう。家に帰ってFMから流れる曲にあこがれ、真夜中のAMで笑い転げた。

 だから青春の思い出って言ったら、やっぱりラジオなんだよな。

 おっさんのりっぱな戯言でした。

| | コメント (7)

2009年6月 3日 (水)

喘息か?はたまた

 8歳の男の子が、昨夜から咳が止まらないと来院した。しかし診察室に入ってくる様子は特に苦しそうでもない。顔色も良好で、口先からというくらい軽い咳をひっきりなしにしていた。大きく吸うことは出来るが、息を吐こうとすると咳が止まらず出るようだ。

 聴診でも肺炎や気管支炎を疑わせるものはなく、喘息特有の音もしない。気道の過敏な状態緩和と気管支拡張をかねて薬の霧の吸入をしてもらったが、吸入中は止まるものの、その後は元通りになってしまった。レントゲンも異常なし。あまりにひっきりなしなので、母親も困った顔をしていた。入院を促すと是非にと言う。

 熱もなく、採血でも特に異常を認めなかった。こんな時は感染症ならマイコプラズマなどの気管支炎や百日咳を疑う。もう少し痰の絡んだ状況なら副鼻腔炎からの咳でもおかしくはない。しかしいずれも得られたデータからは考えにくい。家族で咳込んでいる人はおらず、本人の既往として喘息が疑われ、時々吸入を受けていたらしい。

 ならば吸入とロイコトリエン抑制剤で気道過敏を取ってみて、その上でしばらく様子をみることにした。でも咳喘息にしても本当に軽すぎる咳なのだが・・・

 それはそうと、喘息治療に新しい薬が出ている。IgEという抗体値が、喘息を含むアレルギー疾患を抱える患者さんには高くなることが多い。そのIgEに直接結合して失活させる薬ゾレア(ヒト化ヒトIgEモノクローナル抗体製剤:オマリズマブ)を2週から4週ごとに皮下注射するものらしい。適応はステロイド吸入など現行の治療への反応性の悪い患者さんとのこと。オーストラリアではすでに7年前から使用されているらしい。さてどんなものか、早速リサーチしてみるとするか。もちろんまだまだ子供達に使えるわけではないだろうが。

| | コメント (2)

2009年6月 1日 (月)

雨に弱い

 晴れているのに雨が降りゃ

 きつねが嫁入り 吉コンコン

 夕日を浴びて 振り向けば

 虹の大橋渡る雲

 あたしゃびしょぬれ 夜コンコン

Photo

| | コメント (0)

強気で言った者勝ちか?

 以前ペルテス病という難病の児にステロイドを使う必要性に迫られ、結局使用しても問題なく経過したことを小児腎臓病学会で発表した。

 この症例のキモは、原因不明で突然大腿骨頭の骨壊死を来すペルテス病がまさに状況悪化し始めているところへ、ネフローゼというこれまた原因不明で突然タンパクが尿中に漏れてしまい、身体中からタンパクが失われることによる浮腫・乏尿・呼吸困難・易感染が起こり、これを治療するために大腿骨頭壊死を副作用にもつステロイドを大量に、しかも何度も使用することになったことにある。ステロイドの局所作用として大腿骨頭はどうなるのか。まさに今壊死が起ころうとしているところにステロイドが何を起こすのか。ペルテス病のそれと、ステロイドの副作用としてのそれはどんな違いがあるというのだろう。それらを考えるととても興味深いと思ったのだ。

 しかし学会発表では「ふ~~ん、それで?」という反応だった。なんだか拍子抜けしてしまったが、自分の疑問を解決すべく、いろいろと調べる間にやっぱりこれはもっと注目し、研究すべき問題だと感じるようになった。昨年は暇を見つけては調べ、一本の論文(症例報告という形だけれども)を書き上げた。

 様々な海外雑誌に投稿してみた。しかし良い返事はもらえなかった。自分に一番関わり合いの深いPediatric Nephrologyにももちろん投稿したが、けんもほろろに断られた。こりゃ私の感覚が間違っているのだろうかと落胆していた。もうこれでダメなら、内科系ではなく整形外科の雑誌にと思い、最後にClinical Nephrologyへ投稿した。

 オンライン投稿を済ませ、待つこと1ヶ月。何の返事もアクションもなかった。HPを見ても、査読された形跡も見当たらない。どうなっているのか、受け取れない理由を示せ、他の雑誌へ投稿することも出来なくなるから早くしろとちょっと強気で問い合わせると、手違いで読まれていなかったと弁解のコメントが早速メールされた。気を悪くしないでくれ、もしすぐに他をというのでなければ早速編集局長のDr.某に査読等手配させるのでとのこと。それならあと少しだけ待つとこれまた強気に返答した。

 10日後、ドイツから書類が届いた。ハノーバー在住のProf.からだった。君の考え方にとても興味がある。4つの質問に答えて欲しい。もちろんそれにより論文を掲載することも出来るだろうからとのことだった。早速返事を出すと、論文の初稿刷りを発注したので、ゲラの推敲を後でお願いするとの手紙が先程届いた。

 さすがに強気に出たからということもなかろうが、これまで散々英語がなってないとか頭ごなしに否定されることばかりで英文投稿に疲れていたところなので、ちょっと気分が良い。いや、この内容とっても面白いと私は本気で思っているのだ。だからこそ。

| | コメント (4)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »