« 小児腎臓病学会 | トップページ | 耐性トンフル »

2009年6月29日 (月)

そりゃあかんわ

 小児腎臓病学会が終わった。口演は演題制限があり、珍しい症例とか優秀演題というものが口演になり、他はポスター等になるのだが、今年は特に制限が厳しく、口演演題はとても少ないものだった。手前ミソだが、割と珍しい症例報告をしたので、口演として扱って貰えた。

 ただ口演の中にも、それは言い過ぎぞなもし?ってな発表もあったし、質問にしてもそれは時代が2世代くらい前の話じゃね?ってのもあって、がっかりしたところも見受けられた。そんな中でも優秀演題として表彰された演題は、とても面白い内容で、とても参考になった。また日々疑問に思っていたことが演題として取り上げられ、それらの演者とのディスカッションはいつもならが楽しかった。

 土曜の昼は願い通り、巨匠の店へ行った。新世界某という中華だったが、料理以前にあっちでモクモク、こっちでモクモクとタバコで溢れて料理を楽しむという雰囲気ではなかった。店員の対応も悪くなかったのだが、あれはダメだ。折角楽しみにしていたのに・・・

 さて勉強したくなるポイントも絞り込めてきたので、また一年間励めそうだ。

|

« 小児腎臓病学会 | トップページ | 耐性トンフル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小児腎臓病学会 | トップページ | 耐性トンフル »