« やみつきになりそう | トップページ | 北方戦線異常あり »

2009年5月28日 (木)

意地を張るのも必要だが、謙虚こそ

 今年のヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝は、イングランドのマンチェスターユナイテッドとスペインのFCバルセロナの対戦だった。両者ともに所属のリーグを制し、世界に名だたる選手を揃えているが故に、名実ともに世界No.1を決する試合と呼び声も高かった。また両チームともとにかく相手を圧倒し、自慢の攻撃力で叩き潰すチーム同士だ。特にバルセロナは1-0で勝つより3-4で破れた方がよいと豪語するクライフ(オランダサッカー界のスーパースター、元バルセロナ黄金期の選手&監督)に絶賛されたグアルディオラが率いている。つまりスペクタクルなサッカーを信条としているのだ。このことからもノーガードの打ち合いが期待された。

 結論からすると、マンチェスターには失望した。というよりファーガソン監督に失望した。逆にバルセロナは、あまりにも当たり前に悠然とボールを保持し、時折鋭い攻撃を見せ、観客を楽しませてくれた。マンチェスターはあれほど中盤をルーズにするチームではなかったはずだ。それを監督の采配がぶち壊してしまったのだ。

 準決勝において、バルセロナを後一歩のところまで追いつめたチームがあった。チェルシーというイングランドのチームだ。彼らの監督であるヒディングは、理論でバルセロナの中盤を機能不全に陥れた。たった一度の小さなミスをイニエスタというテクニシャンの一撃に替えられ、涙を飲んだのだ。彼らの戦術をファーガソンは見ていたはずだ。しかしイングランドプレミアリーグでチェルシーを抑え、3連覇を達成した意地を捨てることが出来なかったと見える。MFハーグリーブスを怪我で欠いたことも影響したかもしれない。しかしFWベルバトフを投入した時点で、ファーガソンの意地とマンチェスターの負けを確信した。

 少なくとも今日、私は期待の半分も満たされぬまま朝を迎えた。そりゃないぜよ。

|

« やみつきになりそう | トップページ | 北方戦線異常あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やみつきになりそう | トップページ | 北方戦線異常あり »