« 意地を張るのも必要だが、謙虚こそ | トップページ | あぁ君か »

2009年5月29日 (金)

北方戦線異常あり

 北朝鮮がぶっ放し続けている。日本にとって隣に核兵器を持つならず者がいることは、決して良い状況でないことなど小学生でも知っている。いい加減何とかして欲しいと世界に訴えても非難決議が関の山で、同盟国アメリカとてなんの儲けにもならない戦など仕掛けるはずもない。

 いやいや、第二次世界大戦後の朝鮮へはアメリカが乗り込んでいったではないかと言う人もいるだろう。それはアメリカが自由を運ぶ使命感に勝手に燃えていた時代の話だ。黄色い猿に自由を教えてやり、自らの言いなりへと教育できたことに味をしめ、自由と民主主義と弱肉強食の経済を広める唯一無二の覇権国家として展開し始めた時代はもう終焉を迎えようとしている。ならば恫喝されている自身で何とかするほかなかろうと思うのだが。

 しかし本当の気掛かりは北朝鮮ではない。北のやんちゃぶりを見て見ぬ振りが出来なくなったロシア&中国の動向だ。ロシアは昨年からの経済破綻で昔のロシアに戻りつつある。彼らの願いはただ一つ。凍らない港を持ち、海を我がものとし、大ロシアを建設することだ。全世界が北を非難したとき、かの地を掠め取る絶好の機会となることは間違いない。しかし中国も元は自分の領土だと思っていることだろう。しかも北から難民があふれ出せば、自国の経済を圧迫する要因になりかねない。黙っていられるはずもなかろう。

 中国の覇権主義は言うまでもない。アジアのみならずアフリカまでも、日本からのODAを横流しすることで手なずけている。それは論理の飛躍・すり替えだと言う亡かれ。未だ先進列国には自ら途上国を名乗り、実は中華思想の下、盟主・覇権国家を名乗るdouble standardは周知の事実であり、日本から何千億ものODAをむしり取ってはせっせとアフリカ諸国へ援助し、見返りに資源を確保しまくっている。彼らが北の大地をどう扱うのだろうか・・・

 どうでもよいが、先日偶然グータンヌーボ?をチラ見した時、キムヨナ(韓国国民の妹)が他2名の日本人に「日本人男性のこと、(恋愛対象として)どう思う?」と尋ねられ、ブッフッととんでもないという反応を示した。聞き手の一人は日本女性で、韓国人サッカー選手と結婚した方だったが、努めて冷静に対応していたことに頭が下がった。でも日本人よ、あまりにおとなしすぎるんじゃないか・・・

|

« 意地を張るのも必要だが、謙虚こそ | トップページ | あぁ君か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意地を張るのも必要だが、謙虚こそ | トップページ | あぁ君か »