« 北方戦線異常あり | トップページ | 強気で言った者勝ちか? »

2009年5月30日 (土)

あぁ君か

 「○■△君、71番にどうぞ」

 その少年はスルスルっとドアを開け、丁寧にお辞儀し、

「おじゃまいたします。」と診察室に入ってきた。

 「おっとその声とその礼儀正しさは、もしやUSB少年・・・」

 「いや~~元気だったかい。」

少年「いえ、別に元気というわけでも・・・」

母 「何言ってんの。バカなくらい元気でしょ。」

 相変わらずの親子関係のようだ。彼は軽度の水腎症があり、毎年エコー検査を受けに来ている。今年もそんな季節だということだ。

 「さて、また見てみような。」

少年「パソコンですね。えっ、何するんですか。」

看護「お腹から見るからね。ちょっとスボン下げさせてね。」

少年「いっ、いやですぅ~~」

母 「だから黙ってなさい。」

少年「だって~~何見るんですか~」

 「膀胱だよ。心配しなくても今年はチン○ン見たりしないから大丈夫だよ。」

少年「本当ですね。でもちょっと下げすぎですぅ。あっ、うっふぅん・・・・あっ、映った。ちょっと触ってもいいですか。」

母 「高いんだから、触っちゃだめ!前に聞いたでしょ。」

少年「でも普通のパソコンくらいでしょ。白黒だし。」

 「ちゃんとカラーもでるよ。ちょっと待ってな。今度は背中から。はい、息を吸って~止める・・・・できるね~~じゃあ普通に息していいよ。これからカラーにするよ。」

少年「ちょっとだけじゃん・・・」

 「あのね、見たいところだけカラーにしてるんだよ。動きのあるものに反応しているんだよ。近づいてくるものは赤、遠ざかるものは青、流れるもの、つまり血管が映し出されているんだよ。」

少年「知ってるよ。ドップラーって言うんでしょ。」

 「おお!年々賢く成長するな~君は!!お母さん、楽しみですねぇ。」

母 「はぁ・・・・・置いて帰りたいくらいですが・・・・」

 帰り際もちゃんと彼はお辞儀をして帰っていった。またな!!

 

 

|

« 北方戦線異常あり | トップページ | 強気で言った者勝ちか? »

コメント

ほんとは置いて帰って欲しかったのでは?

投稿: ポリ | 2009年5月30日 (土) 16時09分

ポリさん

 いや〜限りがあるから思いも募るってこと、よくあるじゃないですか。

 もちろんこういう子供、大好きですよ。

 でも全員こうだと診察時間がいくらあっても足りません。でも待てよ、こういう子達の比率、もしかして自分の外来だけ高いかも・・・・

投稿: クーデルムーデル | 2009年5月31日 (日) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北方戦線異常あり | トップページ | 強気で言った者勝ちか? »