« 息巻いたところで | トップページ | 繰り返し読んでしまう »

2009年5月20日 (水)

何が何でも治療?

 トンフルは何が何でも抗インフルエンザ剤を使わなくてはならないというものではない。何者か判らなかった数週間前までは、使うべきだったかもしれないが、少なくとも一般人皆使うべきという状況ではない。

 やはり重症者、基礎疾患を持つもの、年寄り、乳幼児に限るべきだろう。そして妊婦さんも感染がはっきりしたら服用すべきとCDCのみならず日本産婦人科学会も勧告を出した。

 特効薬なら皆飲めばよいだろうという意見があるのは判る。しかし薬の数には限りがある。滅茶苦茶に使えば副作用も出るし、薬の効かないウイルスに変異してしまう恐れも出てくるから、病院や発熱外来などを受診しないと手に入らない。つまり感染しても軽症な人達が、重症者や基礎疾患のある人のすぐ傍まで大量に押し寄せる機会を作ってしまうことに他ならない。

 最大の力を発揮すべきなのは、感染による重症者救済だ。感染の機会はもうすぐ隣に来ている。心配するだけ損だ。その点大阪の高校生はぶっとんでいた。

「えっ、暇やから遊びに来た。」

「俺は絶対移らへんし。」

 いや、反応が軽度か重度かは個人差が必ずあるが、本当に大勢が罹患すると思うぞ。

 でも本番は今ではなく、この冬。おそらくそれまでは散発的に各地で騒動が起きることだろう。それは南半球が感染の本番を迎え、そこから輸入されるだろうからに相違ない。どうキットを使っていくべきか、それを考えなくてはならない。そして最も注意を怠ってはならないのが、強毒性のH5N1鳥Fluの動向だ。これが出た日には、病院入院中の患者を守るために何をすべきかとするのか、それとも最大多数の幸福を求めるべきか、それに翻弄されることになるだろう。

|

« 息巻いたところで | トップページ | 繰り返し読んでしまう »

コメント

やんややんやと今騒いでいる人に限って、一瞬収まってしまえばそれで満足してしまうものです。今回のことがトリガーになるやもしれん今冬の事態を考えている人が、果たして何人いるか。
 
クーデルムーデルさん、頼りにしてます。

投稿: ポリ | 2009年5月21日 (木) 05時16分

ポリさん

 アメリカ含め、医療先進国は日本以外みなインフルエンザの簡易検査などしていないようですね。季節性インフルエンザと変わらないため、重症者のみの対応にシフトしたようです。

 未だにすべての簡易キットを贅沢に使いまくる日本だけ感染者数が突出していくことでしょう。

 私の気持ちの中でも既にトンフルはout of 眼中になりました。おそらくこの冬はインフルエンザ患者が増えるだろうというくらいです。それよりH5N1です。鳥と豚の間でなにやらきな臭いことが起こってきているようですから。

投稿: クーデルムーデル | 2009年5月21日 (木) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 息巻いたところで | トップページ | 繰り返し読んでしまう »