« I miss you. | トップページ | 空ゆらり »

2009年3月25日 (水)

歯を食いしばってなんぼ

 千両役者達のプレーに酔いしれたこの数日。一時は打席に立つ姿にまるで精気を感じなかったイチローに、苦悩に潰されそうになるのを必死でこらえた先に待つ奇跡を見た。

 読売新聞、今朝の編集手帳の文章を引用する。

 通勤の道すがら、中学生の男の子がいる家の前を通る。ここ数日、ガラス戸に立てかけて野球のグラブが置いてある。中にボールを収め、指の部分をゴムひもで結んでいる遠い少年の昔、母親の靴下留めを借り、おろしたてのグラブに使いやすく型をなじませたことを懐かしく思い出した。その家の前を通るたび、何かに似ていると感じつつ、真珠を抱く貝の姿だと気づいたのは、きのう、テレビ桟敷でのことであるあれほど苦しみ、のたうつイチロー選手を知らない。第2回WBCの開幕以来、幾度も好機で凡退する姿には誰しも目を疑っただろう。その人が決勝の韓国戦でここぞの決定打を放ち、日本連覇の偉業を成し遂げる立役者の一人となった痛める貝にのみ真珠は宿る、といわれる。体内に入った異物を核にして、真珠は育つ。天才と呼ばれる人でさえ、過ちと悔いを核にして「痛み」のなかから成長することを、赤く潤んだイチロー選手の目に教えられたきょうもどこかの空の下で、「へたくそ」の声に傷つき、歯を食いしばって球拾いをする少年がいるだろう。あすの真珠たちに幸あれ。

 今時の若い者は云々などと言うつもりは毛頭無い。しかし褒めて育てるを金科玉条として、今や後輩の指導ですら怒るのは言語道断、声を荒げることすら不可とする教育方針がまかり通っている。これでは人は育たないと思うのだ。順風満帆だけで人は育たず、挫折と苦悩が育てるのだということを皆知っているはずなのに・・・

 

|

« I miss you. | トップページ | 空ゆらり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« I miss you. | トップページ | 空ゆらり »