« malignant lymphoma ? | トップページ | 出歩き日 »

2009年2月12日 (木)

これも人生

 昨夜のオーストラリア戦。相変わらず決定力不足とか、岡田無策などと勇ましく吠える報道が多い。

 しかしそれこそが人生であろう、と思うのだ。

 日本は自身の精一杯をぶつけた。おそらく今できる精一杯を、汗かくことを厭わず続けたであろう。その結果オーストラリアなど世界標準でもなんでもなく、もちろん個々人としてはヨーロッパのフィールドに立とうとも、チームとしてアジアの辺境国でしかないことに気付かせてくれた。ディフェンスは個々の距離感は良いとしても、簡単にサイドからクロスを上げられるなどザルとしか言いようのないものだった。オフェンスはやはりラグビーよろしく身体をぶつけてモールを作り、そのサイドアタックでゴールをこじ開ける他ないのだろう。それすら出来ないオーストラリアは叩き潰しておくべきだった。

 結局それが出来ないのは日本が弱いからと言うのは的を射ていない。入るときは、例えば最後の長谷部のシュートが大久保に当たって枠から外れてしまったシーンも、とんでもないところへボールを蹴り出したところへ相手に当たってゴールインしてしまうことだってあり得るのだ。勝つと負けるでは雲泥の差だが、勝負は時の運でしかない。そこまでどれだけ汗をかいたかが問われるべきではないだろうか。

 派手な個人プレーはなく、強烈なスピードも強靱な肉体もない、しかしアリのごとき勤勉さと統率力で相手を飲み込んでしまうサッカーを、そうアジアモンスーンの農耕民族文化をピッチで表現してくれたのではないか。

 そうすると、私が思うに昨夜気になったのは次の事項だ。

① ゴール前へなだれ込む人数がまだ足りない
② 中央突破(壁パス使用など)あり、外からの単純なクロスあり、そしてこれまで通りの外からの頭を使った崩しなど攻撃のバリエーションを増やして的を絞らせないようすべきではないか。

 私はこれからの代表に希望を抱いている。

 もう一言。

 今回君が代を歌ってくれた合唱隊の歌は素晴らしかった。下手な人気歌手が歌うのよりずっと心に響いた。

|

« malignant lymphoma ? | トップページ | 出歩き日 »

コメント

①ですよね・・・①。

ゴールしそうでしない場面で何度テレビの前でさけんだことでしょう(苦笑)。

がんばれニッポン!!!
\(*`∧´)/

投稿: ゆき | 2009年2月13日 (金) 20時20分

ゆきさん

 おそらく日本中で叫ばれたことでしょう。

 でもね、酷評するような試合じゃないですよ。サッカーやったことがある人なら、きっとジリジリするあの無得点の気持ちがわかると思います。

 もちろん期待を込めての辛い批評は良いのですが。

投稿: クーデルムーデル | 2009年2月13日 (金) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« malignant lymphoma ? | トップページ | 出歩き日 »