« 冬の空気のむこう | トップページ | 経済は素人ですが »

2008年12月16日 (火)

わが浦和レッズ、そして日本のサッカーへ

 今年は最初から雰囲気が良くなかった。昨年ACLをJリーグで最初に制したチームとなったことである意味慢心があったこと、そして中央のラインが揃わないままシーズンに入ってしまったことが最後まで響くことになってしまった。

 僕らは人からビッグチームと言われても、誰のこと?と思ってしまう。あのお荷物と言われた時代やJ2時代を忘れることなどないからだ。およそサッカーになっていなかった時代を知る僕らには、あれから年を経るごとにサッカーを見せてくれるようになった選手たちを子供達の成長のようにまぶしく見つめ、そして誇りに思ってきた。リーグを制覇し、ACLも制覇してくれた我がチームを本当に誇りに思った。あの時ACミランにしっかりとぶつかって、こてんぱんにされていれば変わったかもしれない。しかしいつもの司令塔を欠き、オーバーワークで身も心もズタズタだったチームはぶつかっていけないまま、全力を出し切れぬまま終わってしまった。

 こんなに散漫なシーズンへの入り方は今までなかっただろう。そして要の中央のラインは移籍と怪我とオーバーワークによって誰一人いなくなってしまっていた。補強すべきはそこにあったが、ワシントンを失ってあわてたフロントはエジミウソンを連れてきてしまった。自前のFWをもっと信頼すべきなのに。

 僕らの思いも声も届かないシーズンだった。なにもかもがずれていた。ただ一つ、僕らが期待を込めてずっと見守っていたユースが順調に成長してくれていた。彼らがJスタメンに名を連ねるようになったとき、レッズはこれまでにない姿になるだろう。それを楽しみに待っている。もちろんそれまで手を抜くわけにはいかないが。

 話は変わるが、一サッカーファンとして見たとき、今年引き込まれるプレーをしたチームはジェフ・パープルサンガ・サンフィレッツェだった。順位などと関係なく、最も魂を感じる試合を展開していたと思う。僕はたとえレッズとの試合であっても、彼らのひたむきさには拍手を送ってきた。僕らが望んでいることを知って貰いたいがために。そして心がそう叫んだから。

 逆にレッズのプレーは他チームからみるとつまらないらしい。そのうえ札束で顔を叩いて選手を漁っているという他チームサポから言われる。正直、札束だけでなびく日本人選手はいらない。もっと高い次元でプレーがしたい、そう思ってくれる選手に来て欲しい。Jだけではなく、ACLから世界を目指す選手を見たい。そのために守りを固めて、前3人だけで点を取るのかよとも言われる。それは試合を見ていないものの言い草だ。本当に点が入る時のレッズのダイナミックな動きを見ていないからに過ぎない。

 日本のサッカーはまだ生まれたばかりだ。日本リーグ時代も見てきたが、やはりJが始まってからが本当のサッカーの始まりだろう。そんな中、やっと世界を意識するところまで来られた。ここから先に進むためには何が必要だろう。日本が世界に誇れるのはアジリティーだと言うが本当だろうか。どうみてもプレミアに登場する彼らの方が遙かにアジリティーに優れている様に思う。しかも90分疲れることなくである。

 言うまでもなくサッカーは足でいかに上手くボールを運ぶかというスポーツだ。そこには失敗が必ず含まれる。相手より失敗を少なくし、いかにボールをゴールを中に入れるかだ。そのためにはボールを取られないテクニックや相手の届かないところでボールを扱うテクニック、意表をつく、着いていけないスピードなどなどいろんな方法が選択される。どれを磨いてもよいが、もし日本に合ったものを考えるなら、意思統一と勤勉性からボールをより多くの人数で奪取し、より多くのプレーヤーの殺到でゴールに押し込んでしまうというのを90分やり通すことだろう。それが出来ればサッカー大国を倒すことも可能になる。今年のユーロであのロシアがオランダに何もさせなかったように。

 きっとあの姿が日本の行き着く姿なのだろうと僕は思う。そのためにJはどうあるべきか。外国人選手枠は撤廃して海外から優秀な選手を引っ張ってビッグ4と呼ばれるくらいの競争をする。その中で日本人選手達がいかにボールを運ぶかを学んで初めて、大国と対等となるのではないか。日常的にプレッシャーの激しく掛かる所で、ボールを運んでいないと、結局は井の中の蛙で終わってしまうように思う。もし外国人ばかりになると複雑だが、きっとそれでもレッズをサポートする。日本人選手がユースからはい上がってくるのを楽しみにしながら。

 (しかしこの不況じゃあ何にも変わらないだろう。いやもしかしてJにとってもの凄く危険な時代かもしれない・・・)

|

« 冬の空気のむこう | トップページ | 経済は素人ですが »

コメント

何を言われようが,お金で買えないのはサポーターのハートですね.
だから,ガンバやアントラーズを羨ましいとは思いません.

日本サッカーに感じる危惧は,活きのいい若手が代表合宿に呼ばれる度にこぢんまりとしていくような気がする事です.

投稿: Diabo com Fome | 2008年12月16日 (火) 21時54分

Diabo com Fomeさん

 いや~それでもパスの早さや正確さは昔より格段によくなりましたよね。もちろん一級品ではありませんが。

 フィンケ監督、上等です。のっけから熱くしてくれます。来年も吠えまくり決定です。

投稿: クーデルムーデル | 2008年12月17日 (水) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の空気のむこう | トップページ | 経済は素人ですが »