« ああ日本よ | トップページ | 研究会@新宿 »

2008年11月14日 (金)

またひとつ

 年を取った。

 相変わらず無駄飯食いには違いないが、これでもちょっとだけ人のために生きてみたいと思っている。そして自分の生きてきた証も残したいと、一人前に思うようになった。

 証はもちろん人の記憶でも構わない。親しい人達の記憶の中に生きていけるならそれはそれで素晴らしいことだ。子供たちに私の生き様や言葉に込めた心が伝わっていればそれもうれしい。(もしかしたらそれが一番か・・・)人一人育てることの素晴らしさは、この場でよく書き綴ってきたことである。子供が育てばそれが何よりの証だ。

 医者としてはどうだろう。毎年年賀状で成長した姿を見せてくれる子供たちがいる。彼・彼女たちの心の片隅に私が映っているのであれば、これほど光栄なことはない。それこそ小児科医冥利に尽きる。これで満足と言いたいのだが、先輩たちはそうは言ってくれない。論文を残せと言う。彼らが言う『医者の仕事』とは、これからの子供たちのために使える論文報告を残すことなのだ。患者さんの病気を治す手助けをするのは当たり前。そこから先がないとダメだと。

 不思議なことに私の周りにいる『医者の仕事をしっかりこなす医者』は皆おそろしいほどの臨床医ばかりだ。いったいどこにそれほどの時間とエネルギーを持っているのかと首を傾げたくなるくらいなのだ。臨床にどっぷり浸かっているからこそ

「この子と同じ状態の子がいましたよね。」と誰かが言い出すと

「それは○と△と◎と、それから■。」とフルネームと臨床経過が何人も飛び出してくる人達ばかりなのだ。

 負けてなんかいられない。そう日夜心につぶやき掛けている。

 今朝、日本語の論文が形になるとの知らせが来た。英語論文も感触の良い返事を先日もらえた。来週にはもう一つ英語論文を提出する。

 もう青年医師とは言えない年齢だが、志は蒼天高くありたい。

 

|

« ああ日本よ | トップページ | 研究会@新宿 »

コメント

11/14 ウチのオヤジと同じ誕生日です.
この日はインスリンの発見者Frederick Bantingの誕生日でもあり,世界糖尿病デーとして世界中のランドマークが青くライトアップされました.東京タワーもライトアップされていたはずです.
昨日・今日と軽井沢のワークショップに出てきました.知った顔が沢山いて楽しかったですよ.
来年も同じく11月に軽井沢であります.行きませんか?

投稿: Diabo com Fome | 2008年11月16日 (日) 13時52分

Diabo com Fomeさん

 貴殿父上様と同じ誕生日であることをブログでその日に知りました。光栄です。

 11、12月はとても忙しく、泊まりで出かけることは難しいです。仕事がもし大丈夫でも、子供の用事もありますし、無理ですね・・・・残念です。

 

投稿: クーデルムーデル | 2008年11月16日 (日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ああ日本よ | トップページ | 研究会@新宿 »