« 専念 | トップページ | またひとつ »

2008年11月12日 (水)

ああ日本よ

 最近の妊産婦搬送問題で二階経産相がこう発言した。http://jp.youtube.com/watch?v=jgqbb0IM9SQ

 医療崩壊を完成させる最後のミサイルが発射された瞬間だと思う。おそらく数ヶ月後には東京は焼け野原になるのだろう。併せて千葉・埼玉は兵糧責めを食らい、神奈川に大量の爆撃機が集結することになる。関東大震災、東京直下型地震の到来とも言える。それで地方、特に関西が賑わうというものでもなかろうが・・・

 この期に及んで医者のモラルが問題と言い切る政治家を許すことなどできない。

 ではどんな政治家がいるのかと国会に目を移すと、集団的自衛権や攻撃的武器の保有に反対する輩が自衛隊元幹部を批判している。自衛隊は軍ではない、武器も自衛のものだけで、敵が撃ってきたら護身だけして良いよと言う。それなのに、自衛隊幹部は武人だから政治に関わるようなことを言うことはまかりならんと言う。つまりなにか?自衛隊員は危険なところへ勝手に行って、撃たれて死ぬまで相手を撃ってはいけない土木作業員ってことか?だったら政治に口出ししてもおかしくないだろう。(もちろん屁理屈。だが道理が通っていないのがこの国の国防。)

 国防を法的にも人的にも技術的にもきちんと整理してこなかったツケがここに噴出してきている。それは誰がそうしたのだろうか。

 つまり日本は、日本国民は政治をないがしろにしてきたということなのだ。反省すべきは我にあり。政治を目指す若者を育てなくては、この国は滅びてしまう。

 

|

« 専念 | トップページ | またひとつ »

コメント

この程度の国民だからあの程度の政治家なのだろうと.

って事は,この程度の医者だから…ってことか?

何にしてもお粗末極まりない破廉恥な発現です.
酔っぱらって新橋の下でほざいていても許せない.

投稿: Diabo com Fome | 2008年11月12日 (水) 20時33分

Diabo com Fomeさん

 そうかも?

 だったら行動を起こすしかないでしょうね。

 やめて海外へいくというのではなく・・・ね。

投稿: クーデルムーデル | 2008年11月12日 (水) 22時42分

世の中には「思っても口に出してはいけない」ことと、「そう思うこと自体おかしい」ことがあります。兵庫県知事の関東大震災発言は前者、二階経産相の発言は後者。
 
機能していないシステムを修復すべき責任がある大臣が「モラルの問題」などと責任転嫁した挙句、
 
「今回の発言が医療関係の皆さんに不愉快な思いをさせたとすればおわび申し上げる」
 
誰かこいつを殴ってください。

投稿: ポリ | 2008年11月14日 (金) 02時21分

ポリさん

 アメリカにいらしてもこのあたりの情報は早いのですね。

 それにしても無茶苦茶です。

 この無茶さをしっかり記事にしてくれるちょっとぬぬぬなブログがこれです。

http://blog.m3.com/akagamablog/
よかったらどうぞ。

投稿: クーデルムーデル | 2008年11月14日 (金) 12時32分

政治家は、ずっとぬるい環境に居るから、あんな無神経なことが平然と言えるんだと思います。

国防について発言する前に、一度教練、戦闘訓練を経験して来い、と言ってやりたい。
3日くらい徹夜で状況を経験してくれば、自分たちが自衛官に押し付けていることがどれだけ無茶苦茶か、想像くらいできるかも知れません。

医療の問題にしても、不眠当直のあとの手術と同じくらい、肉体的、精神的に過酷な状況を経験してから、再度医師批判発言をしてみればいいと思います。
同じことが言えるならば、ですが。

先生方には大変不愉快な発言だったでしょうが、現実を知らぬ井の中の蛙が何か喚いているとでも思っていただき、こんなつまらん輩にモチベーションを下げられることがないように願うばかりです。

投稿: さぼりーまん | 2008年11月15日 (土) 00時52分

さぼりーまんさん

 いやいや、政治家もぬるま湯という訳ではないと思いますよ。それより自分の一言がいかに重たいものであるか、それを予想しない(できない)人が多すぎるのではないかと思っています。

 それは政治家だけでなく、世論を誘導するマスコミもそのようです。すべてがタブロイド紙やワイドショーのように、熟考もせずただやみくもに衆目を浴びることのみ血道をあげる姿は、情けないを通り越して醜いです。

 志し高く生きたいものですね。

投稿: クーデルムーデル | 2008年11月16日 (日) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 専念 | トップページ | またひとつ »