« ダラダラFSGS | トップページ | きびしい川崎病 »

2008年9月 8日 (月)

閑散

 先週一週間は外来が閑散としていた。それもそのはず、学校や幼稚園が再開され、検査や日頃の疑問解消にいらっしゃるかたは既に夏休みに終えている。しかも感染症の流行もストップしているのだから閑散としない方がおかしい。

 それでもこのところの寒暖の差や飛び交う草木のもろもろの影響によるのか喘息患者さんが増えてきている。もっともコントロールが格段に良くなったせいもあって、ひどい発作の人は見なくなったが。

 沼のほとりでは稲刈りが行われていた。おこぼれを狙って鷺がうろうろしていた。稲のくずでも発作の原因になる人もいることだろう。それに加えてこれからはブタクサ・アキノキリンソウなどアレルギー原因となる草木の本番を迎える。

Dsc00069

|

« ダラダラFSGS | トップページ | きびしい川崎病 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダラダラFSGS | トップページ | きびしい川崎病 »