« pregnancy | トップページ | 電子カルテの意義 »

2008年7月 8日 (火)

生後3ヶ月の突発性発疹?

 生後3ヶ月の女児。40℃の発熱と哺乳不良とのことで来院され、両親や身内に風邪患者がいないことや咽頭発赤などないことから敗血症疑いにて精査のため入院。泣きは弱く、CRTも2秒と循環不全も思われたが、血圧は正常で、心拍数も発熱の割には140~160回/minと早くはなかった。白血球5540, 好中球59%、単球13%、CRP 0.3と炎症反応に乏しく、尿も血液も髄液も培養したが、すべて細菌は検出されなかった。入院時からエコーにて軽度肝脾腫があり、GOT 33, GPT 21, LDH 285と肝機能異常は認めなかったが、伝染性単核球症を念頭に置き、引き続き精査加療を行った。

 入院時からヘルペスウイルス感染の可能性も否定できずACV投与を開始した。入院翌日も解熱傾向になく、哺乳不良も続くためガンマグロブリンも投与した。ガンマグロブリン投与の夜間から体幹に淡い紅斑が出現、しだいに四肢へ広がった。ガンマグロブリン投与翌朝に解熱。発疹は2日経過し、消失した。

 現在発熱してから6日経過しているが、発熱なく、哺乳良好である。しかし肝脾腫は触診上著明で、GOT 70, GPT 100, LDH 580と肝機能異常も出現してきた。おまけに好中球減少(400!?)もあり退院できないでいる。ACV ないしはガンマグロブリンの副反応なのか、それともウイルスによる変化なのか。ちなみにサイトカインマーカーであるフェリチンは当初170から現在330と著明な高値を示し、IL2レセプター抗体も桁違いになっている。

 とりあえず次の手を打てないまま、経過をみているが、果たして?

|

« pregnancy | トップページ | 電子カルテの意義 »

コメント

ウィルス感染に伴う血球貪食症候群を軽くおこしたのでは?ということを推察します。

EB, CMV, パルボB19などはいかがでしょうか?

EB, CMVであれば何らかのかたちで抗原を検索できないでしょうか?

投稿: いなか小児科医 | 2008年7月11日 (金) 11時15分

いなか小児科医さん

 貪食であれば汎血球減少になりそうですが、それには至りませんでした。

 いずれのウイルス抗体価も検出されず、しかもどれも帯に短したすきに長しでハッキリしませんね。

 とにかく本人は元気いっぱいになったのでよかったですが。

投稿: クーデルムーデル | 2008年7月12日 (土) 13時08分

こんばんは

本人が元気なのが一番です。^ ^

投稿: いなか小児科医 | 2008年7月14日 (月) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« pregnancy | トップページ | 電子カルテの意義 »