« 眠い~ | トップページ | 心筋炎か? »

2008年6月 9日 (月)

異常環境下でのサッカー

 高地でのサッカーを禁止したFIFAの提言は記憶に新しい。今後高温や多湿についても考慮するため、調査するということも聞いた。しかしそれがサッカーを行っている国の普通の姿だというのであれば、それをあえて禁ずるのもどうかと思っていた。そのためにホーム&アウェー方式があるのだとも。

 それにしても土曜日に行われたオマーンマスカットスタジアムでの試合は過酷を極めたものだった。アナウンサーが何度もその状況を連呼していたのはどうかと思うが、言わなくてはいられないくらいの状況だったのだろう。選手のユニフォームが数分でビショビショになっていたことから容易に想像できたことではあるが。

 しかし肩で息をしていた選手や足がつってしまった選手は皆無だった。走っていないわけではない、そう、あのバーレーン戦のような無様な姿ではなく、相手を遙に上回る運動量で圧倒していたにも関わらずである。余程コンディションの調整がうまくいっていたのではなかろうか。対するオマーンは自国の環境ではあったが、守備に追われ疲れ切ったのか、うずくまる選手が続出していた。

 あの状況ではゴールがどこかでポロッと入ってしまってもおかしくなかった。それが相手に転がり、1点ビハインドとなったことは仕方のないことだ。その後ドン引きした相手のゴールを奪うことがとてつもなく難しいことも当たり前のことだろう。よくぞ走り回って好機を作ったと拍手したい。そして遠藤のコロコロPKには毎度の事ながらお約束通りひっくり返らせてもらった。ただしあれはPKをもらえる状況ではなかった。ヨーロッパならダイブを取られ、イエローカードを玉田がもらう羽目になっていただろう。反対にオマーンのPKはヨーロッパでも取られるものだったかもしれない。それですら微妙で、むしろその後右サイドで日本の選手が2人相次いで倒れたシーンこそがPKに値するファウルだったように思う。なんにしてもオマーンのPKは遠藤を真似たコロコロだったが、キーパーの動きを見切ったものではなかったため、楢崎の手に収まってくれた。

 日本は確実に強くなっている。何気ないパスのスピードも、局面でのパス交換も動き方も一つ階段を上がったステージにたどり着いたと思われる。しかしヨーロッパの国々はさらに進んでいるのも事実だ。ユーロ2008を観ればそれは明らかだ。手放しで喜んで良い試合だったわけではないが、悲観することもない。前進あるのみだ。

 それにしても大久保という男の愚かさ加減は・・・・この試合の前に放映されたヒデの試合での大黒にも失望したが・・・

|

« 眠い~ | トップページ | 心筋炎か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眠い~ | トップページ | 心筋炎か? »