« 歌舞伎 | トップページ | 鼻水とまるかな・・・ »

2008年5月 9日 (金)

言わねばならぬこと

 中国の胡錦濤主席と歴代首相経験者との朝食会が昨日行われた。前日までの福田首相との会談では東シナ海の問題がキチンと話し合われたばかりか、バカの一つ覚えのような謝罪要求もないということで、この主席がオリンピックを目前にして慎重にそして是が非でも日本の協力を取り付けなくてはならないという様子が手に取れた。親中派の福田さんだからこそこういった話になったのかもしれないが、出だしは最高と思っていた。それでもこれでチベット問題を話題にしないままでは、国際社会からは認められないだろう。それが朝食会で一変した。

 物言う政治家として拉致被害者救済へしっかりした働きをしたことで首相まで登り詰めた安倍元首相からの発言であった。若さもあってブレーンを味方に付けられなかったことから四面楚歌に陥って首相職を放り出してしまった安倍さんだが、言うべき事は言うという確固たる意志のある政治家であることを見せてくれた。

 戦略的互恵関係の構築に向け。相互訪問を途絶えさせない関係をつくっていくことが重要だ。国が違えば利益がぶつかることがあるが、お互いの安定的関係が両国に利益をもたらすのが戦略的互恵関係だ。問題があるからこそ、首脳が会わなければならない。

 私が小学生のころに日本で東京五輪があった。そのときの高揚感、世界に認められたという達成感は日本に対する誇りにつながった。中国も今、そういうムードにあるのだろう。その中で、チベットの人権問題について憂慮している。ダライ・ラマ側との対話再開は評価するが、同時に、五輪開催によってチベットの人権状況がよくなったという結果を生み出さなければならない。そうなることを強く望んでいる。

 これはチベットではなくウイグルの件だが、日本の東大に留学していたトフティ・テュニヤズさんが、研究のため中国に一時帰国した際に逮捕され、11年が経過している。彼の奥さん、家族は日本にいる。無事釈放され、日本に帰ってくることを希望する。

 この発言で場が凍り付いてしまったようだが、それをクソラガー森元首相が和ませる発言をしたとのことであった。この時中曽根氏がどのような表情を浮かべていたのか知りたい。できれば小泉氏も同席して欲しかったが。

 上っ面だけの外交がどれだけ日本に不利益をもたらしたことだろう。言わねばならぬ事をしっかり伝えるからこそ、同等として認識され、国同士の話し合いが出来るというものではないか。ここはもう一押し、「チベット&ウイグル自治区への共産党の政策は、大日本帝国のそれと変わりませんよ。」と言って欲しいところだが、そこまで言うと角が立つだけ。あとは安倍氏だけの思いではないことを伝えるべきだ。そこをあのク○が・・・・・

 情けないのはこの歌だけでいい

|

« 歌舞伎 | トップページ | 鼻水とまるかな・・・ »

コメント

同感です。
日本人は、往々にして「主張する=ケンカする」
というような認識があるのか、主張することを
よしとしない風潮がありますよね。
でも、その結果が現状ですから、そろそろ
考え方を改めるべき、と思っています。

本来、会談の席で首相が言うべきことだった
ハズですが、ゴマすってパンダねだることに
熱心な日和見福田の情けなさに、阿部氏が
会食の場でこんな辛辣なことを言わざるを
得なかった、ということだと思っています。
その後、森がどう言ったのか存じませんが、
今回は、「日本はいつまでも誤魔化せない、
ちゃんと考えてる人も居るんだよ」という
メッセージが伝わればいいと思います。

アホの森は私も大嫌いです。
でも、アレにまともな言動を期待しちゃ
ダメです。
ラグビーボールと一緒で、ドコへ転がるか
本人さえ判りませんから。

長文失礼しました。

投稿: さぼりーまん | 2008年5月11日 (日) 11時40分

さぼりーまんさん

 コメントありがとうございます。しかもビシッと言っていただけてうれしいです。

>ラグビーボールと一緒で、ドコへ転がるか
本人さえ判りませんから。

 ラグビーなら何処へ転がるかわからないのが面白いですが、政治ならふざけるな!ってことになりますね。

投稿: クーデルムーデル | 2008年5月12日 (月) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌舞伎 | トップページ | 鼻水とまるかな・・・ »