« 目覚め最高 | トップページ | お金ではなく理念だが »

2008年5月14日 (水)

災害によせて

 中国で未曾有の大震災がおこった。その前はミャンマーでハリケーンによる大災害がおこっている。まずは亡くなった方々へご冥福をお祈りしたい。そしてかろうじて命は助かったけれど、肉親や友人を亡くされた方、家屋を奪われた方、生きる希望を失いかけている方々へ、一日も早い復興をお祈りしたい。ちっぽけなことだが、義援金を送りたい。

 災害はひとごとではない。いつ何時自分に降りかかるやもしれない。その時何が出来るのか、どう行動するべきかは家族で話し合っておくべきだろう。家の外にも水のタンクを用意したり、災害時グッズをキャリアーに入れておくのも地震国日本にいれば必要なことだ。

 ただこの度の2カ国に起こった災害では、他国で起こった災害現場とは違った風景がテレビで映し出されている。海外からの救援物資や救命・災害復興チームが見当たらないのだ。世界の警察を名乗るアメリカは、24時間以内に要請さえあれば救援チームを派遣できる。日本も消防庁の特殊チームがスタンバイしている。自衛隊も24時間以内とまではいかないが、いつでも命のままであろう。

 ミャンマーでは軍事政権がそれをよしとしないらしい。中国も世界の注目を集めるチベット地区を含む辺境地域での災害に、触れられたくないことがあるからか、はたまた共産党政権&自国軍だけで救助することが面子を保つことと言わんばかりの方針だ。しかし命は一分一秒を争うものだ。助けは多ければ多いほどよいというのは阪神大震災や中越地震で、そしてインドネシア大津波で我々が体験したことだ。

 中国が受け入れるのであればの話だが、四川省に日の丸を掲げる日本の救援チームが入り、幾多の人々を助けることができれば、それこそ真の両国友好も始まることだろうに。

|

« 目覚め最高 | トップページ | お金ではなく理念だが »

コメント

■中国の大規模地震-北京オリンピックメインスタジアム「鳥の巣」崩壊、中国バブル崩壊、国家自体の分裂を加速するか?
こんにちは。中国で大きな地震が起こりました。被災者の人たちにとっては、非常にお気の毒だと思います。この地震中国にとってまさに泣き面に蜂だと思います。北京オリンピック前後の中国特需、さらに、この地震による特需など期待する向きもあるかもしれませんが、私は、今回の大地震は中国のバブル崩壊とそれに続く国家自体の分裂を加速するものになると思います。北京オリンピックのメインスタジアムの「鳥の巣」も今回の地震で、崩壊の危機にあるらしいです。ここに書くと長くなってしまいますので、是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2008年5月14日 (水) 14時15分

yutakarisonさん

 初めまして。コメントありがとうございました。

 中国はなんだかんだ言って、潰れることなく経済発展を続けていますね。今回も人海戦術と弱者切り捨てで乗り切るのかなと思っています。そうこうしているうちに先程のニュースで日本の人的援助を受けるとの報道がなされましたね。

 >北京オリンピックのメインスタジアムの「鳥の巣」も今回の地震で、崩壊の危機にあるらしいです。


 そうなんですか?確かに危なそうな建造物ですが、さすがに威信を懸けているので大丈夫なようにしているようにも見えますが。

投稿: クーデルムーデル | 2008年5月15日 (木) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目覚め最高 | トップページ | お金ではなく理念だが »