« 花の舞 | トップページ | 嵐のあとさき »

2008年4月 4日 (金)

病気の本体は何処に

 昨日入院した5ヶ月の女児。前日から39℃の発熱あり、咳無し、鼻水なし、発疹なし。哺乳は徐々に少なくなって来ていた。

 「こいつは嫌だ。やばい。」と血液・尿・髄液を培養とともに検査すると、炎症反応はとても高くなっていたが、ここといった感染のfocusが同定されない。こういった場合尿路感染症が一番起こりうることなので、超音波や腎シンチグラムまで行った。しかし確証には至っていない。心臓もエコーで確認したが、心筋炎を含め異常はなさそうだ。

 さて、一体何が隠れているのか。正体はなんなのか・・・嫌な週末を迎える。

|

« 花の舞 | トップページ | 嵐のあとさき »

コメント

5ヶ月ですか。

心配ですね・・・。

投稿: ゆき | 2008年4月 4日 (金) 23時19分

ゆきさん

 昨日になって発疹・眼球充血・口唇の発赤・手の浮腫が出てきました。リンパ節はいまいちですが、BCG痕発赤もあり川崎病と診断に至りました。昨日昼からγグロブリンを開始しています。今朝は解熱傾向となりました。ちょいとホッとしています。心臓も今のところ大丈夫でしたし。

投稿: クーデルムーデル | 2008年4月 6日 (日) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花の舞 | トップページ | 嵐のあとさき »