« 淡い期待 | トップページ | ザリガニの逆襲 前編 »

2008年4月30日 (水)

皮膚科診療やん

 最近休日に時間があると庭木を診る。見るのではなく、診てしまう。

 びわの葉に黒い斑点が半年前に出来た。最初は一枚、しかしゆっくりと着実に斑点を持つ葉は増えていった。ゆっくりであるが故に、病気とは認識していなかった。木そのものに元気があって、新芽をどんどん出していたことも認識が遅れた原因だ。いろいろと調べてみるとカビ類による感染症でゴマ色斑点病というものらしい。早速薬を購入し、散布すると同時に感染した葉を取り除いた。落葉も取り除くのがミソらしい。

 ここ数日はツツジの蕾が膨らんできた。大ぶりの花を咲かせる平戸ツツジが大好きで、見ていると幸せな気持になってくる。もうすぐだと思いながら蕾の横に目を移すと、おやっ?葉っぱに褐色の斑点が・・・ここにも、ここにも・・・おっとこっちは白く淡い斑点でザラザラになっている・・・調べるとやはりカビなどによる褐斑症らしい。元気そうに見えるが、これも病気か。早速薬をかけてやることにしたが、雨で折角の薬が流れてもいけない。薬を葉の上に長く定着させる液体も混ぜて与えることとした。

 なんのことはない、植物の皮膚を診断しているのと変わらない。外用療法あり、カルシウムやリンの配合、酸性度の調整など考えると、対象が人でなく植物だということだけなのだ。当たり前のことに今更気付いたということだが、狙い通り元気になるとめちゃくちゃうれしい。元気な命を眼にすることが、自分にとっての元気の源であると感じられる。

 愛でるだけでなく、手を下して育てるのは何でも楽しい。皆さん、いかが?

 

|

« 淡い期待 | トップページ | ザリガニの逆襲 前編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淡い期待 | トップページ | ザリガニの逆襲 前編 »