« 故郷鳥取 | トップページ | 季節 »

2008年3月12日 (水)

新しき我が町

 故郷を思いつつ移り住んだ佐倉は、歴史ある長閑なトカイナカ(都会&田舎)である。都内まで一時間ちょい、お父さんたちのほとんどが都内まで通勤するとなると、佐倉に多くの粋な店&拠り所ができるはずもない。私自身、それ以外のことで充実させるということで良いのではないかと思っている。

 政府の干拓事業で何百年に渡り騒動を繰り広げてきた印旛沼は水質で全国ワースト3に入っているが、朝に夕に美しい姿を見せてくれる。沼には渡り鳥たちが毎年飛来し、格好のバードウォッチング場であることは間違いない。また漁師は今も柴漬漁とか笹漁などで獲れた魚やエビを佃煮として売っている。昔は実際に漁をして、現在はここで獲れたものを出すわけではないが、鰻など川魚の料理屋も多い。昔のように利根川と東京湾を結ぶ水利を考えるという時代ではないが、市民生活にも自然に関してもなくてはならない存在であることは確かである。

 歴史と言えば印旛沼の干拓事業には鳥取が関わっている。田沼の時代が終わり、天保の改革が行われている最中の事業では、人足として因幡藩の人間が大勢この地で生活させられていた。余談だが千葉と鳥取は以外と繋がりがあり、館山城を築いた里見の殿様が鳥取県倉吉市に晩年蟄居を命ぜられた因縁とか、特産物二十世紀梨は千葉産の梨が原木であったとか、調べれば面白い繋がりが結構出てくるのだ。また歴史の中でも医学において佐倉は有名所である。西の長崎、東の佐倉と言われたほど蘭学が盛んで、医者の学舎として順天堂が出来たのもここ佐倉なのである。まだまだ歴史探訪すれば面白いものがあるのだが、それはまた別の機会に。

 千葉と聞いて特産品を思い出すとすれば落花生だろう。印旛沼周囲にも落花生畑は結構あるが、そこは隣町である八街に分がある。なんといっても八街の落花生が一番とこの辺りの人達は言う。案外知られていないが、落花生の他に梨も全国有数の産地であるし、西瓜は天皇陛下御用達の富里西瓜が有名だ。また千葉は東京への野菜供給源であることも周知の事実で、本当に田畑が多く、昔ながらの農家も多い。佐倉へ来て一番に思ったのは魚が新鮮でないことと同時に抜群に野菜が安くて美味いことであった。

 そんな食材を生かした料理店が豊富にあれば外食も楽しみになるのだが、東京のベッドタウンである佐倉には、本物の家庭料理が家で待っていることもあって料理店が出来てもすぐに消えてしまう運命にある。そんな中自宅の庭で栽培した野菜と本場イタリアからの食材をうまく掛け合わせて料理を作っているのがカステッロである。味が一時より落ちたという評もあるが、やはりここは味も雰囲気もとてもよいイタリアンである。また雰囲気という点では全く正反対だが、旬の食材を生かした小料理屋として臼井の駅前にある天ぷら天輔や鰻屋川よしもよい。同じような店ならJR佐倉駅前の杉という小料理屋も酒の肴が旨い。B級でラーメンと言えば成田で有名な麺屋青山が行列のできる店として臼井駅前にあるが、私はあえて成田街道沿いにある二本松屋ラーメン上座を押したい。愛情のこもった澄んだラーメンは本当に清々しい。

 最後に紹介したいのは国立歴史博物館と川村記念美術館である。ともに日本を代表する知と芸術の宝庫と言えるだろう。私は国立歴史博物館の準会員になって毎月送られてくる博物館での研究の案内を読ませてもらっているが、日本の歴史研究の最前線へ身を置くことができる幸せを感じている。

 箱は申し分ない。要は中身をどれだけ充実させられるかが問われる町である。何より都内にほど近いためその気にさえなれば自分を磨くことが誰でも可能なのである。本来ならば千葉県全体を見渡すとか、少なくとも千葉北西部を紹介するところなのだが、私がそこまで千葉に精通していないというのが本音である。出来れば千葉のことはゆきさん達にお願いしたいところだ。

 他への思いもあって、現住所に対する意気込みがちょいと足らない気もする記事である。ご容赦願いたい。

 

 

|

« 故郷鳥取 | トップページ | 季節 »

コメント

うまくUPできるとよいのですが。

いつも楽しく読ませていただいています。
おいしいお店が目白押し。
私は成田街道沿いに住んでいますので
ずずずいっと清々しいラーメンを体験しにいきたいと思います。

投稿: チョコひげ | 2008年3月12日 (水) 20時52分

せ、先生・・・私のは『知識』じゃなくて『想い』ですし、ジャンルが偏ってますから(苦笑)。

“カステッロ”は何回か行ったことがあります・・・懐かし~い!
私にしては珍しく切なくほろ苦い思い出のあるお店です。
最近とんとご無沙汰ですが、味が落ちたなんて言われているのですか?事実だとしたら悲しい限りです。

投稿: ゆき | 2008年3月12日 (水) 22時17分

チョコひげさん

 是非是非試してみて下さい。

投稿: クーデルムーデル | 2008年3月13日 (木) 01時50分

ゆきさん

 落ちたという噂ですが、私はそうは思いません。とっても気持ちよい店です。

 できればそのほろ苦い思い出を語っていただけませんか。

投稿: クーデルムーデル | 2008年3月13日 (木) 01時51分

チョコひげさん

 上座ラーメンですが、冬なら味噌ネギ、その他の季節は塩チャーシューがお薦めです。餃子もまずまずですが、餃子を主に食べたいならその隣にあるトンカツ瑞季へどうぞ。プリップリでジューシーな餃子に出会えます。

投稿: クーデルムーデル | 2008年3月14日 (金) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/11146856

この記事へのトラックバック一覧です: 新しき我が町:

« 故郷鳥取 | トップページ | 季節 »