« 都の西北 | トップページ | 桜 花ひとつ »

2008年3月27日 (木)

とてつもなくつまらん

 久々にフットボールの話題を少々。

 我が浦和レッズは散々な開幕を迎えた。中盤の選手がいなくなってしまい、サッカーを構築することが難しくなるだろうと予想はしていた。それでも中盤の底に安倍と鈴木を置き、トップ下に永井(適所ではないがこの人しかいない)、右に山田、左に相馬という中盤を作るか、永井の代わりに新しい梅崎を試すべきだと思っていたら、山田をトップ下に置いてしまった。これでは折角の浦和ダイナミズムがなくなってしまう。もう戦前から結果は見えていた。オシムの言う水を運ぶ選手を適所に置いていないからだ。

 昨日の代表戦もそうだ。鈴木・中村・山瀬の間でどれだけパス交換があっただろう。水を運ぶ動きがなければ、あとは草サッカーしかない。ポンポン蹴るだけ。代表戦であれだけボールがポンポン弾む姿を見るとは思わなかった。恥ずかしくって悔しくって情けなかった。

 うさは自分のプレーで晴らしたいところだが、いろいろとさぼっていたせいでキレがない。

 あぁ、春なのにつまらん・・・・

|

« 都の西北 | トップページ | 桜 花ひとつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都の西北 | トップページ | 桜 花ひとつ »