« 研究会とその後(前編) | トップページ | 巨大な蜂の巣 »

2008年2月 5日 (火)

そして雪 (後編)

 翌朝電話が鳴った。日曜の朝、子供達はラグビーの練習に出掛ける。しかし雨などで練習が不可能(王様らぐび~)な場合、電話連絡網で知らせが届くのだ。

「雪が積もっていて、しかもこれからもっと積もる予報が出ているので練習はなし。」

嘘だろう?と思いながらカーテンを開けた。およそ雪とは呼べないシャーベットがうっすらと地面を覆っていた。確かに幼い子供達が自転車で集まるにはちょっと危ないかもしれないと思いながら、子供達へ練習中止を告げた。

「雪なんでしょう、お父さん。」

「雪じゃない、みぞれだ。」

「だって積もってるじゃん。」

「だからシャーベットだ。雪じゃない。」

「雪だよ、雪合戦できるよ。」

「できない。水ばっかりだ。」

 朝食を食べ散らかし、子供達は外へ飛び出していった。、手袋がすぐに濡れ雑巾のようになるシャーベットを握り固め、シャーベットだるまを作り、シャーベット投げを楽しんでいた。重く、結構固い球は痛いらしく、次男が長男の非道を言いつけに来た。仕方なく外へ出ると、長男が勝ち誇ったように

「ねっ、雪合戦できるよ。」

言葉が終わる前に一発大きいのをおみまいした。それからは上着まで水がしたたり落ちるくらいぶつけられ、投げ返した。小一時間したところで、むかいの親父がスコップを持って登場した。冷えて固まる前に掃除しておかないととのこと。私は子供達にスコップを手渡し家の前の道路を指さした。

「雪かきしなさい。」

「・・・・・・・シャーベットかき?」

「うだうだ言わず、はよせんかい!」

シャーベットはそれ程の厚さがないにもかかわらず、とっても重かった。

 

|

« 研究会とその後(前編) | トップページ | 巨大な蜂の巣 »

コメント

羨ましい親父っぷりにポーっとなります(はぁと(笑)

投稿: ポット | 2008年2月 5日 (火) 20時32分

ポットさん

 ただ単に私が子供なだけです。

投稿: クーデルムーデル | 2008年2月 6日 (水) 08時35分


大きいのをおみまいされても『シャーベットかき』と言ってしまう息子さん達に拍手ですw!!!

投稿: ゆき | 2008年2月 7日 (木) 00時47分

今年は雪の当たり年のようです。
今朝も薄っすらと雪化粧でした。すぐに解けたけど。。。
オヤジには寒いだけで 有難くない ね。

投稿: 犬と猿 | 2008年2月 7日 (木) 16時46分

ゆきさん

 時々やつらはいい男になります。

 でも基本的にやんちゃくれです。

投稿: クーデルムーデル | 2008年2月 7日 (木) 20時04分

犬と猿さん

 お待ちしておりました。お久しぶりです。

 所沢も降ったのですね。航空公園の花々は雪の降る今も咲いているのでしょうか。

投稿: クーデルムーデル | 2008年2月 7日 (木) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/10272343

この記事へのトラックバック一覧です: そして雪 (後編):

« 研究会とその後(前編) | トップページ | 巨大な蜂の巣 »