« 生命力 | トップページ | 音 »

2008年1月24日 (木)

鼻グリグリは痛いよね

 インフルエンザの季節である。一時罹患者数は冬休みと共にドンと減少していたが、再び勢いを増してきている。昔はインフルエンザの診断といえば臨床症状として急な高い発熱や関節痛、悪寒そして口腔内の発赤状況などからそう類推する他なかった。それが7,8年前に簡易型検査キットが出来たおかげで、客観的に診断できるようになった。

 この簡易検査キットは経験された方も多いと思うが鼻に細い綿棒をグリグリと挿入するのでちと痛いのが難点であった。特に子供など押さえつけて採取する他なく、泣き叫ぶこととなるのだ。鼻をチンとかみ、その鼻汁で検査できれば良いのにと思っていたところようやく発売に漕ぎ着けた会社が現れた。まだ陽性率などどれくらいか調べる必要は残されているが、子供達にとっては朗報である。早速本年度からといきたいところだが、あとは病院検査&事務サイドの判断となる。遅くとも来年にはこのキットでいくことになるのだろう。

 本当に使えそうならまた記事を書きますので乞うご期待。

|

« 生命力 | トップページ | 音 »

コメント

先生・・・最近の子は鼻をチーンとかむのも苦手な子がいるそうです。

薬だって液体でないと飲めないなどと聞くと・・・お医者さまのご苦労は・・・m(_ _)m

投稿: ポット | 2008年1月29日 (火) 16時48分

ポットさん

 おっしゃるとおり、小学校前の子供達の中には鼻をかめない子もいますね。でもそれくらいの子供なら親御さんに抑えてもらってなんとかなりますが、小学生は嫌がると手が付けられません。最近は集団での予防接種がないこともあって、注射でもその他の検査でも激しく抵抗する子供が多くて困ります・・・昔なら怖がるのは恥ずかしくってとなっていたでしょうに。

 そんな子供達にはうってつけです。

投稿: クーデルムーデル | 2008年1月30日 (水) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/10045334

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻グリグリは痛いよね:

« 生命力 | トップページ | 音 »