« たこ焼き | トップページ | 鼻グリグリは痛いよね »

2008年1月23日 (水)

生命力

 ため池に落ち心肺停止となった子供が、ドクターヘリで静岡こども病院に搬送され、奇跡的に後遺症無く生還を果たしたという報道がなされた。

 このケースでは幸運が重なっていたと考えられる。ため池に落ちて溺水となり肺が真水で満たされていたならここまで回復しないように思う。おそらく極寒が作用し、水を大量に吸い込む前に心肺停止となったのではないか。そして低体温が脳や多臓器の破壊を遅らせた可能性が高い。また搬送された静岡こども病院も低体温療法を熟知し、しっかりとした管理が出来たことも幸いした。

 これが成人であればそうもいかない。おそらく15分程度で機能回復不可能となっていたことだろう。しかし子供の生命力は凄い。心肺停止から一時間近くかかっていたとのことだが、こうして後遺症無く生還できたのだから。教科書にもこういったケースで30分程度なら十分回復する可能性があるとされているが、うまくいくためには幾多の偶然も必要であろう。

 なんにせよこの件にかかわった救急隊、医療スタッフ、そしてなにより頑張った当の本人とその家族に拍手を送りたい。

|

« たこ焼き | トップページ | 鼻グリグリは痛いよね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/10040711

この記事へのトラックバック一覧です: 生命力:

« たこ焼き | トップページ | 鼻グリグリは痛いよね »