« 中華街 | トップページ | 初霜 »

2007年12月 2日 (日)

カズは生きている

 あらためて昨日の試合。あまりのコンディション不良に目を覆いたくなった。これなら愛媛に不覚を取ったのもわかる。全く相手にプレスがかからず、ボールを奪った後も連動性が全くないのだ。

 相手のオフェンス陣がいないにもかかわらずディフェンスの押上げもなければサッカーになりようがない。右翼はこれまで数試合しか経験のない細貝が担ったが縦へのトライはなく、左翼の平川はポジションが前過ぎてパスカットされる始末。ならば中盤でなんとかしたいところだったが、横浜FCのメンバーは動けない変わりに中盤に山のように人がいる。ドリブルは難しいので、外へはたくなどちょっと工夫して攻めれば簡単に落とせる相手であるのにいかんせん動けない。さすがのポンテもこれではタクトを振ることはできない。自らもかなりへばっていたようで、マークを完全に振り切ることが出来なかった。後半ネネをはずして4バック、いや2バックにして中盤左右に細貝と平川を配する中盤重厚、その前に3枚のFWを並べたところ横浜は何も出来なくなり、決定なシーンが何度も訪れた。しかし入らないときはこんなもの。すべての素晴らしいシュートが枠から外れていった。

 山田が離脱してからダイナミックなサッカーが影を潜めてしまった。なんとか個人の力で打開してここまで来たが、もうそれも限界。ACLも冷や冷やだったのは山田の離脱が大きかった。仲間を鼓舞し、自ら攻め込むトゥーリオの不在も痛かった。サポはもちろん耐えることなく念を声に込めて送っていたのだが。

 すべて言い訳に聞こえるが、やはりローテーションで戦わない限り、リーグ終盤でガス欠となってしまうだろう。とりわけこの3ヶ月、どれだけ肉体と精神を酷使したことか。ピッチの上に立っていた選手達を誇りに思いたい。お疲れ様とねぎらいたいところだが、クラブワールドカップが、ACミランが待っているのだ。もう一度奮い立ち、素晴らしいパフォーマンスを見せて欲しい。そう願ってやまない。

 さて、最後にカズこと三浦知良選手だが、一流である証明を見せてもらった。確かに激しく削るプレーがレッズになかったこともあるだろうが、ポジション取り、ボールキープ、そして相手を利用した反転力はピッチ上の誰よりも輝いていた。昔よりすべてが丁寧で、まるでサッカーの教本を見ているようだった。カズは生きていた。ただ人気のある、over 40という驚きを持った、不遇のスーパースターとしてではなく、一人のサッカー選手としてピッチを熱く駆け回っていたのだ。敵ながらあっぱれ。

|

« 中華街 | トップページ | 初霜 »

コメント

カズは私が初めて好きになったプロサッカー選手です。

高3のある日、成田市内のグラウンドに来ていた代表チームのカズに会いに、掃除当番をサボって自転車を飛ばしたことを思い出しました(笑)。

出待ちして握手してもらったこと、今でもハッキリと覚えています。


サッカーに対する姿勢が、プロ意識が、現役にこだわり続ける気持ちが何ひとつ変わらない彼…素晴らしいです。

投稿: ゆき | 2007年12月 2日 (日) 14時21分

常にたった1点で勝負が決まる、サッカーというスポーツの恐ろしさですよね。まさかレッズが優勝を逃すとは。
 
弱小の頃(すみません)からガンバに強かったレッズは私の敵ですが (^_^; アントラーズも嫌いなので、今回はレッズに取ってほしかったなぁ。
 
それにしても、この試合でモチベーションを高めることが出来るカズに、脱帽です。

投稿: ポリ | 2007年12月 2日 (日) 18時23分

ゆきさん

 カズは間違いなく本物でしたし、未だ衰えぬ現役です。カッコいいですよ。

投稿: クーデルムーデル | 2007年12月 3日 (月) 08時51分

ポリさん

 そちらでもJリーグを見ることができるのですか?そういえばギャラクシーのベッカム君は元気にしているのでしょうか。

 ガンバもアントラーズも本当にいいチームだと思いますよ。

投稿: クーデルムーデル | 2007年12月 3日 (月) 08時53分

悔しさこそが醍醐味かなと.
かつて辛酸をなめたあの1年が今の栄光の原点かと思います.
だからこそ,僕らのような弱小チームも夢がもてる.ハードワークを続ければ,正直にフットボールを愛し続けていれば,いつか栄光が輝くときがくるさと.
週末の歓喜の時を過ぎて,今は身震いがします.あのJ1で戦うのかと.あのレッズと戦うのかと.
やるからには勝つ気で乗り込みますよ.僕らもあれから多少は成長できとと思いますしね.
覚悟!

投稿: 番台番 | 2007年12月 3日 (月) 18時02分

番台番さん

 返り討ちは武士の習いでござる・・・ってね。

 しかし大黒柱のポンテが負傷・・・クラブ世界一に向けて痛すぎるッス。

投稿: クーデルムーデル | 2007年12月 4日 (火) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/9213901

この記事へのトラックバック一覧です: カズは生きている:

« 中華街 | トップページ | 初霜 »