« 静かな朝 | トップページ | 小さき天使たち »

2007年12月14日 (金)

井の中の蛙 大海へ臨む

 興奮冷めぬ内の昨夜の文章。読み返してみると謙虚さが微塵もない。そりゃそうだ、サポも戦っていたのだ、相手をリスペクトしようとも凹んでどうするのだ。

 選手達の消耗は激しかった。しかしとても充実していた。何が出来て、何が出来なかったか、真剣勝負で判った。それが財産。

 競り合った後の第一歩の違い、身体の使い方の違い、攻めに転ずるときの連動性など吸収すべきことが個々に判っただろう。守るときの罠のかけ方などは巧みに出来ていたが、個人技でかわされるうちにボディーブローのように足が止まり、このために失点してしまった。

 セードルフとカカの動きは別格だった。特にセードルフのポジショニングとDFの裏をつく動きは超一流であった。カカのバロンドール受賞はセードルフによるところが大きいのではないだろうか。インザーギのスピードと斜めに切れ込む動きも、危険な臭いがプンプンしていた。後はネスタとオッドのポジショニングか。特にオッドはポジショニングだけで相馬を動けなくしてしまった。サイドだからということもあるが、ここに陣取られると動けないというツボが各局面で発生していた。そこをどうすれば打開していけるのか、それを見つける新たな挑戦が始まったのだと考えれば良い。

 マルディーニは・・・大歓声で登場したが、正直なところ旬の選手ではなかった。それから今セリエAで問題となっているファウルをもらうためわざと倒れる行為だが、残念ながら随所に見られた。あれではつまらない。つまらないといえばミスパスも多かった。世界一というには首をかしげたくなるシーンが多くあり、それ故勝機ありと思えた。ボールポゼッションは60対40だが、シュート総数は18対12、枠内シュートは6対6だったのだ。

 日本人が皆この試合でレッズを応援するべきだなど全く思わない。人気スター選手にうっとりしながら観戦するのも良いことだし、ミランのユニフォームを身に纏って念を送るのも良いだろう。だが彼らを横目で見ながら、サッカーフリークとして世界のスーパースターを前にしても、レッズの応援歌を高らかに歌い、共に戦える喜びと誇りを再確認できたのは私にとっても有意義であった。

 無理なところを行かせてくれた諸兄に感謝しながら、赤い誇りを胸に日々精一杯生きることを誓おう。

 

 

|

« 静かな朝 | トップページ | 小さき天使たち »

コメント

腐っても鯛.
悪くてもミラン.

日本人ではじめて世界を相手にしたのですから.
選手もチームもサポーターも.
思い出せば中学生の頃から2学期の期末試験が終わるとトヨタカップがあって,国立の枯れた芝に世界の最高峰が降臨するのを楽しみにして勉強していました.
あれから20年.日本のチームがUEFAチャンピオンと真剣勝負に挑むチャンスが来るなんて.今考えても「あれはウソだったんじゃないのか」と思えてきます.
それを生で見てきたんですものね.一つ壁を越えると,新たな歴史が始まります.
とは言え,昨日の試合を終えて「3位を目指します」と言える啓太のメンタリティに感動しました.強い相手だと思います.日本人が苦手なチームですよね.好試合を期待しています.

投稿: 番台番 | 2007年12月14日 (金) 17時11分

番台番さん

 当時数少ない本物を見る場面というのがトヨタカップでしたよね。なんじゃそりゃ!っていうプレーをテレビにかじりついて見てました。

 大陸王者クラブワールドカップなんて、結局欧州対南米に変わりあるはずないじゃないかと思っていましたが、いざ本気で応援してきたチームが出るとそうはいきません。素晴らしいプレーが繰り広げられても「こいつら上手いな~~。でも畜生、今に見てろ。」となるから不思議です。

 レッズだけでなく日本のクラブもワールドクラスの選手を控えに置いておけるようなチームになることを夢見て、前へ進みましょう。

投稿: クーデルムーデル | 2007年12月15日 (土) 07時10分

私も、

「サイエンスはアメリカにかなわん」

と弱音を吐いている暇があったら、レッズのように一泡吹かせるつもりで頑張らねば <「一泡」とか言ってるあたりが弱い

投稿: ポリ | 2007年12月15日 (土) 12時36分

ポリさん

 アメリカという強大な相手の前にラボのボスをひねってあげてください。

 あっ、その前に家庭での立場をもっと確立なさった方が・・・・(冗)

投稿: クーデルムーデル | 2007年12月16日 (日) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/9396287

この記事へのトラックバック一覧です: 井の中の蛙 大海へ臨む:

« 静かな朝 | トップページ | 小さき天使たち »