« 本物だった | トップページ | 扇動ではなく »

2007年10月10日 (水)

アレルギーの季節

 毎年春先と秋口はアレルギー疾患患者数が激増する季節である。

 今年は割と夏の暑い時期にも妙に喘息患者さんが来院する機会が多かったように思うが、それでもここ数週の朝方の冷気に誘われて倍々と増えてきている。

 印旛沼のほとりには秋のアレルギー源として悪名高いアキノキリンソウが毒々しい黄色を天高く伸ばしていた。

 皆様ご注意を!

Photo

|

« 本物だった | トップページ | 扇動ではなく »

コメント

あぁ・・・コレコレ。
私も今の季節は鼻が
すんごいことになってます。

それにしてもコレは
生命力がすごいですね~
ドコ行ってもいます・・・

投稿: チョコひげ | 2007年10月10日 (水) 15時51分

チョコひげさん

 おっしゃるとおりです。私もグシュグシュしてます・・・・

投稿: クーデルムーデル | 2007年10月10日 (水) 16時42分

これは、アキノキリンソウというのですか!
私はずっとセイダカアワダチソウだと思っていました。
誕生時、娘が入院していた病院の近くが一面、まっ黄っきでした。
ですのでこれをみると、毎日病院通いをしていたことを思い出し、懐かしいです。

これが秋のアレルギーの原因なんですね。
私も春秋は症状がひどく出ます。
検査しましたが、秋のどの植物に反応が出るのかすっかり忘れてしまいました。
反応する植物の種類があまりにもたくさんなので(^^;
もしかしたらこれかもしれませんね。

近く子どもの検診で病院へ行くので、そのときはマスクをしたほうがよさそうですね。

投稿: ゆきたん | 2007年10月11日 (木) 11時14分

やっぱり時季ですか?
うちも今日は娘がクシャミ・鼻水~「学校から薬飲んでいい?」ってメールが来ました。
受験なのに困りました(><)

投稿: あぐねす | 2007年10月11日 (木) 15時11分

ゆきたんさん

 セイタカアワダチソウはアキノキリンソウ属です。全部ひっくるめてアキノキリンソウでアレルギー検索するのでこう表記しました。正確にはおっしゃるとおりセイタカアワダチソウです。

投稿: クーデルムーデル | 2007年10月11日 (木) 18時36分

アグネスさん

 これからの季節は風邪なのかアレルギーなのかよくわからない状況が出てきますよね。抗アレルギー剤は眠気の少ないものも出てきましたから、試してもよいと思いますよ。

投稿: クーデルムーデル | 2007年10月11日 (木) 18時37分

こんばんわ。m( __ __ )m

・・・元々私はアレルギー性鼻炎なのですが、このところ急に酷くなって辛く耳鼻科へ行ったところでした。
ものすごい田舎なので、田んぼに咲く真っ赤な彼岸花と一緒にその黄色いアキノキリンソウがたくさん咲いてました。
それが原因だったのかも知れません。
ま、朝晩と昼の気温差が激しいのもあると思いますが。

ちなみに、彼岸花にはアルカロイドという毒性があるそうで、知らずに綺麗だな~と田んぼのあぜ道に咲いているのを思わず刈って帰ろうとしました。
・・・よく言えば深紅の美しい花なのに、毒性があると分かると毒々しい花に見えてきます。
名前も「死人花」「地獄花」とか言われて忌み嫌われているそうです。

投稿: 青め猫 | 2007年10月12日 (金) 00時43分

青め猫さん

 それは困りましたね。引っ越したりなど環境を替えるのは難しいでしょうから、自分に合ったお薬を見つけることをお薦めします。

 彼岸花は地下茎に毒をもっているようですね。おそらく花のみを摘んでも、中毒をおこすくらいの毒性はないと思います。しかも水によく溶ける毒なので、水を入れた花瓶に差した場合、残り水をキチンと捨てれば問題ないとのことです。でも小さな子供のいる家庭ではそんなことをしない方が無難ですね。

投稿: クーデルムーデル | 2007年10月12日 (金) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/8321467

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギーの季節:

« 本物だった | トップページ | 扇動ではなく »