« 扇動ではなく | トップページ | 飛来 »

2007年10月12日 (金)

そりゃいい男だが

 夏休みにネフローゼを発症した二十歳の男性がいる。彼の兄が当院小児科でフォローアップされていた関係で、彼は小児科で治療を受けることになった。もちろん我々は小児期から成人に移行するいわゆるキャリーオーバー患者も常時診療しているので、とりたてて不自然なことでもない。

 問題は彼がサーファーで、ワイルドさを持ったいい男であることだ。小児科病棟ではあり得ない、いけてる男性の登場に病棟が蜂の巣をつついたように騒がしくなっているのだ。

 どういうわけか我が小児病棟看護師たちはそろいもそろって独身ばかりである。若いのから適齢ギリギリまでよりどりみどりである。誰でもいいから早く見つけて結婚しなさいと言ってはいるのだが、あまり言い過ぎるとセクハラにもなるし、実際に気の良い奴らなので抜けられると困るという思いもあって、無風もまた吉という期間が長く続いている。そんな彼女たちの目の前にぶら下がってきた可愛い子羊さんの登場なのである。色めきだつのも無理はないかもしれない。

 小児科病棟では他の患児でも、入院中に誕生日を迎えればそれなりにお祝いを行っている。そして今日は彼の誕生日だったのだ。朝から彼へのメッセージを書かされ、夜にはささやかなパーティーへ参加するよう言い渡された。さすがにそれは勘弁してもらったが・・・常軌を逸した行動はなさそうであるし、退院も間近であるから大目に見たいところだが・・・

|

« 扇動ではなく | トップページ | 飛来 »

コメント

成人のネフローゼというと、即、腎臓病で重篤な場合腎不全へと進行してしまうというイメージが私には強いのですが、基礎疾患によって薬で完治できる病気なのですか?
成人ネフローゼは完治が難しいと聞きましたが。。。
知識があまりないもので、その二枚目の男性さんの病状が気になるところです(__;)

投稿: 青め猫 | 2007年10月12日 (金) 00時59分

青め猫さん

 仰るとおり成人のネフローゼは、特発性ネフローゼだけでなく慢性腎炎からくるネフローゼが多いので、一筋縄ではいかないことが多いです。幸い彼は腎生検の結果、慢性腎炎ではないことがわかっています。ステロイドで様子を見ているところです。

投稿: クーデルムーデル | 2007年10月12日 (金) 08時24分


いいじゃないですか~(^o^)

たまには目&心の保養が出来るアイドルが必要なこともありますよ~。


もちろん私だって高齢者の集団にキラリ☆と光るイケメン(ご家族であろうと!)がいれば、黙っちゃいませんよ(笑)(☆o☆)!

投稿: ゆき | 2007年10月12日 (金) 18時53分

適齢ギリギリって(笑)
本気モードの方が出ちゃいそうな
勢いですね
でも元気な方がイイ・・・
ナースさんだとリアルにそう思っているかも
しれないですねぇ・・・
それにしても見てみたい・・・コッソリと。

投稿: チョコひげ | 2007年10月13日 (土) 07時27分

ゆきさん

 まぁそうですね。よしとしますかね。

投稿: クーデルムーデル | 2007年10月13日 (土) 08時10分

チョコひげさん

 男から見ても、いい男ですよ、本当に。一見の価値はあるかもしれません。

投稿: クーデルムーデル | 2007年10月13日 (土) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/8355836

この記事へのトラックバック一覧です: そりゃいい男だが:

« 扇動ではなく | トップページ | 飛来 »