« インフルエンザ | トップページ | 低身長 »

2007年10月20日 (土)

タミフル使用は

 昨日の続きである。

 私は治療効果と予後という観点から、タミフルなど服用する患者さんを制限してきた。免疫力も高く、自分で自分の症状を表現できるようになる学童以上では原則として使用しない。しかし受験を控えているとか、年寄りや乳幼児を抱える家庭である場合、インフルエンザ感染につき詳しくお話ししてから投与するかどうかを親と一緒に考えてきた。もちろんそういった家庭の場合は、流行する前にワクチンを接種すべきということもお話ししてきた。

 タミフルの薬禍と騒がれている昨今の事例を見返すと、結局本当に必要なのか疑わしい年代に使用されていることがわかる。いたずらに怖がる必要はないが、服用する必要性も低いので、10歳以上は原則服用しないこととして差し支えないだろう。ただし受験生はワクチンをうっていても、加湿やうがい・手洗いなど気を付けていても罹ってしまうことも多いにありうる。症状を和らげるタミフルを服用してはならないのかと問われれば、他の受験生への感染も考慮すると使用可としたいところだ。そこを一律10歳以上は禁止とされると困ってしまう。

 また症状を和らげる方法が他にないかというと、解熱剤を使用するなどの方法が挙げられる。ただしインフルエンザに解熱剤を使用すると身体の中でサイトカインという免疫反応が過剰反応を起こし、それにより命を落とすことがあることも知られている。従って強力な解熱剤の使用は控えられ、古くからあるアセトアミノフェンという薬を使用するよう薦められてきた。これは原則として守るべきであろう。なによりインフルエンザウイルスそのものと戦っている証拠が発熱であり、熱によりウイルスの働きを押さえ込もうとしているのも人体の正常な反応であるのだ。躍起になって解熱させようとするのは逆効果である可能性が高い。むしろ熱は少し上がる可能性があるが、麻黄など漢方を使用する方法がある。人体をウイルスと戦いやすい状況にしてくれると考えるならば、よい処方だと思う。

 咳止め、鼻水止めは症状を和らげた方が呼吸がしやすいのであれば、使用をしてもよいだろう。しかしあくまで補助であり、治す薬ではない。抗生物質も必要はない。幼児や高齢者で肺炎を併発した場合、細菌感染か否かを見定めてから使用すればよい。

 ということで長々と述べてきたが

① タミフル使用は幼児と高齢者に説明の上行う。

② 受験生や幼児・高齢者を抱える家庭ではタミフル又はリレンザを考慮してもよい。

③ 解熱剤は強く良く効くものを求めず、より安全なものを使用する。

としたい。ちなみにこれらは昨今のタミフル薬禍報道以前から変わらぬ診療方針である。

 ご質問があれば、どうぞ。 

|

« インフルエンザ | トップページ | 低身長 »

コメント

怖いですね。学級閉鎖の学校は車で10分弱のところですし生活圏は同じとしてもおかしくありません。お役所の方にあったので聞いたら一気に一クラスで8人ほどと言う話でした。 もともと小さな学校なんです。
何型なんだろう・・ 

確かにワクチンの予約だけしてあってまだ接種していない親御さんからは「どうしよう~」って声があがっています。
みんな驚いているんです。
うちはワクチンしても罹るなと思っているのでワクチンしないのですがどれぐらい有効なんでしょう・・・。

投稿: チョコひげ | 2007年10月21日 (日) 22時01分

チョコひげさん

 型は伝わってきませんね。急に冷えてきましたから、感染が広がってもおかしくないですね。気を付けて下さい。

 ワクチンは報告によりまちまちですが、感染を予防する確率は40%、症状を軽くする確率は感染が成立した人のうち60~80%とするワクチン専門家がいます。もう少し確率の高いワクチンで痛くないものが出るとよいのですがね。

投稿: クーデルムーデル | 2007年10月22日 (月) 08時46分

あれ?質問したつもりだったのに、「確認」だけで「送信」しなかったのかな (;_;)
 
タミフルそのものの問題以前に、ノイラミニダーゼの阻害による異常行動というのは、報告されているのでしょうか(動物実験を含む)。インフルエンザウイルスがBBBを通過することは既知な訳ですから、クーデルムーデルさんがおっしゃるとおり、異常行動の原因の一つはウイルスそのものであるという話の方がもっともらしく聞こえるのですが。
 
昔はインフルエンザなんか寝ていればそのうち治るという信念だったのですが、2年前生まれて初めてインフルエンザに罹り、4日ほど寝たきりになって以来、ちょっとでも症状を和らげたいという気持ちも理解できるようになりました。ちなみに、こちらでは子供のインフルエンザワクチンは点鼻式を選択することもできます。

投稿: ポリ | 2007年10月22日 (月) 17時14分

ポリさん

 調べたところでは動物実験でも欧米での大規模臨床試験でも異常行動の報告はありません。今回の問題がとりだたされた後、動物に10倍量のタミフルを与えたところ、2時間後に何も起こらなかったが、脳のある部分にわずかに検出し、エタノールを同時に投与すると低体温などの症状を認めたとの報告が出ているようです。そこで認めた症状はエタノールのせいじゃないの?と思いますが・・・

 日本人特有、しかも10代特有というものが絶対にないとは言いませんが、説得力に欠けると私は思っています。


>インフルエンザワクチンは点鼻式

 日本も早くそうなって欲しいです。

投稿: クーデルムーデル | 2007年10月22日 (月) 19時14分

初めまして。
ちょっと前からお邪魔しています。

我が家には小学校1年生の息子と1歳の娘がいます。
息子はたまたまなのか分かりませんが、予防接種をするたび体調を崩すので、のんびりのんびり予防接種をし、7歳直前に3種混合を終わらせました。(日本脳炎は間に合わず接種できていないままです。)
そんなわけでインフルエンザのワクチンは打ったことがなかったのですが、昨シーズン、その前のシーズンと2年続きでインフルエンザに罹患。
1度目は関節痛やら耳痛やらがひどく、タミフルを使い、劇的に症状緩和されることを実感。昨シーズンはまだ下の娘が生後7ヶ月だったため、少しでも感染力を押さえたくて使用。やはりよく効きました。
インフルエンザの時くらいしか病院にかからず薬も服用しないので、余計によく効いたかも、なんて思ってますが。

結局娘は翌月インフルエンザに罹患し、この時はあのタミフル騒動の後だったので使わずに治癒しました。

今年は息子は小学生。ワクチンをどうしたもんだか悩める母です。

投稿: ちいまめ | 2007年10月23日 (火) 14時05分

ちいまめさん

 コメントありがとうございます。これまで大変だったですね。子育ては本当に大変ですよね。自分の事なら簡単なのにと何度思った事でしょう。でも楽しみながら子育てが出来るよう、適当に力を抜いてやっていきましょうね。

 さて予防接種で具合が悪くなったとのことですが、どのような症状がどのワクチンで出てきたかによって考え方が違ってきます。ゼラチンは最近使われていませんが、馬や牛、鳥などにアレルギーを示す場合は、ある種のワクチンで副反応が出易くなったりします。インフルエンザはまだ打った事がないのですよね。卵アレルギーがないのであれば、やってみてもよいと思いますよ。下のお子さんの事を考えても、やはり予防に徹する方がベターでしょう。

投稿: クーデルムーデル | 2007年10月23日 (火) 18時39分

インフルエンザ、怖いです。免疫抑制剤を内服中の娘はだんだんとドキドキの時期に入っていくのです。
周囲がインフルエンザにかかっても、前の主治医の意向でワクチンを打たないときにも、ラッキーな事にインフルエンザにかかりませんでした。
今年もワクチンを打つ予定です。
確か、昨年の流行は春先卒業式の頃に流行がありました。GWころまでインフルエンザの話を聞きました。
これは、ワクチンを打つ時期が早いために、ワクチンの効果が薄れてしまったためじゃないか??って言う人もいます。
ワクチンの効果はどのくらい維持されるのでしょうか?
一番効果的にワクチンを打つにはいつ打てばいいのでしょうか?
10歳?を過ぎれば1回の接種でも良いという話も聞きました。いかがでしょうか?

投稿: とっと | 2007年10月24日 (水) 23時02分

とっとさん

 昨年の流行が遅かった理由は定かではありません。本州ではインフルエンザが冬の病気と認識されていますが、例えば沖縄では毎年6月にピークを迎えるようです。同じウイルス型にもかかわらずです。ウイルス学はとても奥が深いので、残念ながらなんでもわかっているかというとそうではありません。

 それでも推奨されているワクチンの接種時期は12月上旬までに打つことです。また13歳以上ならば一回でよいとされていますが、これも根拠としてはあやふやなところがあります。それまでにインフルエンザに罹患し、身体の免疫系統が覚えているものをワクチンで思い出させるという考え方ですが、個人の感染歴が一様に13歳以上ならOKと言えるものかというと疑わしいと考えるべきでしょう。それでもお金もかかることですし、どこかに線を引くとするとということです。もう一つ言えるとすると、13歳以上なら1回に0.5ml接種します。僕はどの年代でもこの量を接種しないと効果はないのではと思っています。他の年代も0.5ml打てば1回でも効果はあるのかもしれません。しかしそれをウイルス専門でもない臨床医が始めることは難しいのです。

投稿: クーデルムーデル | 2007年10月25日 (木) 08時34分

タミフルを飲むと身長が伸びなくなるとかありますか??

投稿: キャラクター | 2007年11月 6日 (火) 16時47分

キャラクターさん

 そういった副作用の報告はないはずです。ホルモンの作用からしても、タミフルそのものが沈着しうると仮に言われている脳実質を考えてもそれはあり得るはなしではないですよ。

投稿: クーデルムーデル | 2007年11月 6日 (火) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/8517624

この記事へのトラックバック一覧です: タミフル使用は:

« インフルエンザ | トップページ | 低身長 »