« 松江で得たもの | トップページ | 本物だった »

2007年10月 2日 (火)

夜間発作性肩頸部痛

 9才の女の子。数ヶ月前から眠り始めて1時間くらいに発作性に肩から頸、背中に激烈な痛みが出現し、転げ回るとのこと。整体でよくならず、近くの医院で痛み止めをもらったところ、痛みが出てから飲ませると少しよくなるが、痛みの出現そのものは毎日抑えられないらしい。

 表面的には極めて普通の女の子。面談でもハキハキと応え、視診・触診でもなにもない。唯一若干ではあるが、右利きという割に右の握力が弱く、腕を挙げる力も弱い気がした。レントゲンや心電図では異常なかったが、脳波を計測中にその発作が起こった。このときは過換気様であった。脳波所見が手元に戻ってこないので、なんとも言えないが、てんかんなども考慮しなくてはならないだろう。

 さて一体この子の痛みの本態は何なのだろうか?

|

« 松江で得たもの | トップページ | 本物だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/8208884

この記事へのトラックバック一覧です: 夜間発作性肩頸部痛:

« 松江で得たもの | トップページ | 本物だった »