« ゴ〜〜ルゥ | トップページ | 安倍総理の無念 »

2007年9月11日 (火)

shared spaceという考え方

 ドイツのある街で、繁華街の信号や標識を取り外す試みがなされるとのニュースが流れている。以前から言われているshared spaceという考え方の応用なのだが、人間の行動心理から考え出されたものらしい。

 混沌とした繁華街に秩序をもたらすために取り付けられている信号や標識だが、これらが無いことで安全への意識が働き、より注意深く行動するようになるということらしい。公の意識が高く、社会性のある行動規範をもった民族であるドイツならではのものかというとそうではなく、イギリス・オランダ・アメリカ・ニュージーランドなどでもすでに取り入れられているという。

 確かに駅前の繁華街では現在でも信号などの有無にかかわらず、結構用心しなくては通行できない。秩序を求めるあまり、信号などでかえって渋滞を引き起こしていたりもする。そういう点では日本でも導入してみてよいように思う。

 車と歩行者という点ではまずまずうまくいきそうだが、昨今の風潮からは自転車が問題になりそうだ。結局はマナーということになるのだが、どうなることであろうか。

|

« ゴ〜〜ルゥ | トップページ | 安倍総理の無念 »

コメント

こんにちわ(^^♪
確か、以前日本のどこかで、狭い道路の中央線をなくしてみたところ、事故が減ったというニュースをしていました。

やたらめったら標識でがんじがらめにするのもよくないということですね。。
標識に気をとられて事故りそうになることって、結構ある気がします(>_<)

投稿: doradora | 2007年9月11日 (火) 22時02分

doradoraさん

 標識に意識を取られることも関係ありますが、むしろ自分の権利意識が働いたり、思いこみ運転をしてしまうことが問題なのかもしれません。

 なんだかやばそうだな・・・と思いながら運転するのが良いようです。ちなみに高速運転を行うところでは信号や標識は絶対に必要だとのことです。

投稿: クーデルムーデル | 2007年9月12日 (水) 12時25分

複雑な問題ですね。
特に都心部などでは 混乱しそうに思うが。
交差点での信号の役割は大きいと思う。
道幅の狭い繁華街には 効果的かも知れませんね。
それにしてもケース バイ ケースかも。

安倍首相が辞任するらしい。 野党にも責任がある。

投稿: | 2007年9月12日 (水) 13時39分

大きな交差点では確かに必要ですが、小さいものならいらないようですね。

投稿: クーデルムーデル | 2007年9月14日 (金) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/7898680

この記事へのトラックバック一覧です: shared spaceという考え方:

« ゴ〜〜ルゥ | トップページ | 安倍総理の無念 »