« shared spaceという考え方 | トップページ | J.Kirwanの誤算 »

2007年9月13日 (木)

安倍総理の無念

 様々な意見があろうが、国の行く道を指し示すべく誕生した安倍内閣が終焉を迎えてしまったことに落胆している。一体この国をどこへ向かわせたいのか、世論を誘導するマスコミにも安倍内閣の足を引っ張り続けた自民党議員達にも、そして政権を担当しようともくろむあまり大衆への迎合に走っている民主党にも憤りを覚える。

 年金問題で安倍内閣の責任を問うのはおかしい。しっかり対応してくれと申し入れることは当然だが、責任は社会保険庁の実務担当者にある。これは誰の目にも明らかであろうが、政権を倒すことのみに腐心する連中の声の大きさとマスコミのミスリードにより社会不安を煽った結果、内閣への不信となってしまったのだ。政治と金問題もそう。本来個人的な問題であるし、帳簿のつけ間違いまで指摘していては何の仕事もできない。政治家は商売人ではない。帳簿の正確性を競うのではなく、政を行ってなんぼなのだ。

 行っている政策に不満がないわけではない。医療行政を改めない限り医療崩壊は留まることはない。医療現場の声をもっと吸い上げるシステムを作らないと、国民の健康は損なわれる一方となるだろう。農林水産行政の立ち後れもひどく、中国の発展に伴う食の問題にまで着手できずにいる。石油などのエネルギー行政もことごとく中国に持って行かれ、未来へのビジョンも示すことができない。それでも教育はゆとりの見直しが行われ、防衛庁は防衛省へ格上げできた。マニフェストを読む限り、自民党以上に日本を動かしていける政党はない。自信を持ってすべての課題で及第点が取れるよう頑張って欲しいと思っていた。

 民主党は政権奪取のためならなんでもありという姿勢をやめるべきだ。小沢党首の剛腕は破壊することには長けているものの、これだけブレた物言いをしている限り国造りはできない。海上自衛隊幹部候補生学校を卒業している愛息にどう話しをしているのであろうか。

 それにしてもこの後誰が引き継ぐというのだろう。短命か長期となるかは今後ありうる総辞職&衆議院選挙にかかってくるのかもしれない。大勝しない限り、日本の国が成熟した大人の国として世界に認められる日はなかなかやってこないのであろう・・・

|

« shared spaceという考え方 | トップページ | J.Kirwanの誤算 »

コメント


全くもって同感です!!!!!

投稿: ゆき | 2007年9月14日 (金) 01時00分

安倍首相辞任のニュースに午後から仕事になりませんでした。
なんというか、ひどい脱力感に襲われました。
そして、これでまたマスコミが調子づくでしょう。
ネットの普及と共にマスコミの力に翳りが出て焦っていたマスコミ業界人も、これだけ頑張れば我々が一国の首相を引き摺り下ろすことも可能なのだ、とひどい勘違いのもと日本をあらぬ方向に持って行きそうです。
福田首相では拉致問題は解決しません。
氏が被害者家族になんと言ったのか、そのような人物をもろ手を挙げて応援するかのようなマスコミにうんざりしています。
安倍さんはやることはやってくれました。
朝日新聞などが誰にも見向きもされなくなるような有事に陥ったとき初めて、安倍さんの首相としての足跡が評価されるような気がします。
そうなってからでは遅いんですけどね。

投稿: ゆきたん | 2007年9月14日 (金) 11時05分

ゆきさん

 報道論調では無責任男とのレッテル貼りが盛んに行われていますが、どうも官房長官の言うように健康上の理由というのが一番のようですね。下血を繰り返していたのかもしれません。

投稿: クーデルムーデル | 2007年9月14日 (金) 12時29分

ゆきたんさん

 安倍さんは確かに若く経験が浅いと言われていましたが、やらねばならないことをちゃんと口にしていた政治家だったと思います。

投稿: クーデルムーデル | 2007年9月14日 (金) 12時34分

皆様

 確認できたわけではありませんが、週刊誌ネタとしては相続税を政治団体に寄付するという形で3億円の脱税に値する行為をしていたという超巨大爆弾があったようです。これが本当なら追及&引責辞任はまぬがれず、しかもとても恥ずかしい思いをしたはずとのこと。真偽のほどはまだわかりません。

投稿: クーデルムーデル | 2007年9月14日 (金) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/7921978

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理の無念:

» 衆議院は強い [100万円への軌跡~ばばなの日記~]
こんにちは。ばばなです。 初めての人は、初めましてばばなです。 今後もよろしくお願いいたします。 盛り上がっていますね。政界! 新しい内閣が発足したら、内閣総理大臣の特権である 内閣総辞職を行うことができます。 折角、大臣を新しくしたばかりなのに意味...... [続きを読む]

受信: 2007年9月14日 (金) 03時38分

« shared spaceという考え方 | トップページ | J.Kirwanの誤算 »