« これは何? | トップページ | 秋風吹いて »

2007年9月 1日 (土)

夏祭り

 今年も小児科主催夏祭りを病院で開催した。子供達のための合唱もプログラムし、射的・輪投げ・花火の他、ボランティア団体による人形劇も用意したのだが、いかんせん入院の子供達が少なかった。本来ならば先週行うはずだったのだが、病院機能評価を受ける週であったため仕方なく翌週にしたのがよくなかった。そりゃそうだ、週明けには学校が始まるので、元気になった子供達や検査入院の子供達はもう帰ってしまったのだ。

 寂しい人数でゆく夏を思いながら線香花火を揺らした。

|

« これは何? | トップページ | 秋風吹いて »

コメント

寂しい人数でちょっと残念でしたね。

でも、新学期に間に合わなかった子たちは元気をもらえたんじゃないですか^^

先生のところは色々イベント活動があっていいですね。
病院全体の活気を感じます。


投稿: ゆき | 2007年9月 1日 (土) 19時12分

ゆきさん

 コメントありがとうございます。

 病院というか、私がアホみたいに元気で皆を巻き込んでいるだけかもしれません。それにつられる職員には感謝で一杯です。まあ同じアホなだけかもしれませんが。

投稿: クーデルムーデル | 2007年9月 2日 (日) 01時53分

病院機能評価・・本当の意味で何かに役立ってるんでしょうかね。そうならいいけど。
寂しい祭は、余計に寂しい・・。

投稿: やぶ | 2007年9月 3日 (月) 19時33分

やぶ先生

 病院機能評価は対外的な面子のためと、厚生労働省の天下り先を確保するためのものでしかないと思っています。細部を見渡せば、確かにあやふやにしてきた部分を整頓できたところもありそうです。しかしそれが医療の質に反映されるのか、患者さんは恩恵を被るのかという点では、疑問符しかつかないところが多々あります。対訴訟としては効果はありそうですが、それって善意でなりたっていた医療とは対極にあるようにも思えるんですよね・・・・

 それはそれとして、寂しい祭りは確かに余計に寂しかったです。そのため動けるおじいちゃん・おばあちゃん患者さんや職員の家族を呼んで、それなりになりました。来年は昨年くらいの賑わいになるよう、時期のセッティングを熟考したいと思います。

投稿: クーデルムーデル | 2007年9月 4日 (火) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/7760162

この記事へのトラックバック一覧です: 夏祭り:

« これは何? | トップページ | 秋風吹いて »