« 宿題 | トップページ | 夏祭り »

2007年8月31日 (金)

これは何?

 生来健康で、元気快活な2才10ヶ月の男の子。2週間前に当院にやってきた。3日前から下痢が出始め、昨日は1度嘔吐もした。嘔吐はその1回のみで、水分も摂れていたので様子を見ていたら、熱と咳が出てきたので来院したとのこと。診察すると腹部は蠕動音がやや亢進していたものの、平坦で圧痛もなく、柔らかかった。むしろ喉の発赤と呼吸音にわずかだがラ音が混じっていたのが気になった。このときお母さんから

「ちょっと白っぽい便が混じっているんです。」とのこと。便そのものは持参しておらず、本人も今便意はないとのこと。季節を考えるとロタウイルス感染性下痢症は少ないが、ウイルス性の下痢で便が一時的に白っぽくなることは十分にあり得る。眼球の黄染や肝脾腫がないことを確認し、

「お母さん。時期的にはちょっと外れますが、おそらくウイルス性腸炎で白っぽい便が出ているのでしょう。それは食欲もあり、水分も摂れていて、しかも下痢もそれほどひどくないですから、整腸剤くらいで治まるはずです。むしろ胸の音が気になるので、レントゲンを撮らせてください。」と私は話した。結局肺門部陰影の増強と軽度のover inflationを認め、ウイルス性気管支炎を考え、去痰剤等を整腸剤と一緒に処方した。男の子は熱がありながらも元気に飛び跳ねながら帰っていった。

 昨日昼すぎに近隣の開業医から電話相談があった。

「眼球黄染と白色便の子供を診てもらえますか?」・・・・・その子だった。

 あの後3日も経たず解熱し、元気にしていたとのこと。しかし時々白い便が出ていたが、毎回ではないので様子を見ていたらしい。2日まえからちょっと目が黄色いように思え、少しだるそうにしているのでかかりつけの開業医へ行ったのだという。診察すると確かに眼球が黄染しており、右悸肋部が少し膨隆していた。しかし触っても圧痛はなく、柔らかい。超音波を当てると、肝内の胆管が腫大し、胆嚢と思われる5センチ大の水の袋が見つかった。

「えっ?総胆管の閉塞?この年齢でなぜ?しかし毎回白色便なら話しは合うが、時々っていうのは???」そう思いながら、急いで腹部CTのオーダーをした。すると腫大した胆嚢と思われたところには5センチ大の隔壁を伴う嚢胞があり、すぐ傍に小さな胆嚢がへばりついていた。おそらくこの嚢胞が総胆管を圧迫し、十二指腸への胆汁の流れを阻んでいるのだろう。それも完全閉塞ではないため、時々ということなのだ・・・しかし肝下面にこれだけの嚢胞というと元はなんだろう・・・・腎臓由来ではない、副腎としても腎臓との位置関係がいまいちスッキリしない、肝嚢胞でこれだけ出っ張るものは見たことがない、胆嚢壁由来?アメーバなどの膿瘍も考えるべきか??

 胆管閉塞の所見は血液データからも明らかだが、総ビリルビンが5.3、γGTP440を示すもそれ以外は思ったほどでもない。GOT 150, GPT200, LDH 300でアミラーゼも正常、CRPは陰性。もちろん凝固系や末梢血の異常も認めない。これは一体何物か??

 今すぐどうこうという値ではないが、小児外科のある病院へ搬送すべきと考え、両親にお話ししたところ、実家のある柏周辺でお願いしたいとのこと。早速知り合いのところへ電話し、入院精査を受けられるようにしてもらった。さて、結果はいかに。

|

« 宿題 | トップページ | 夏祭り »

コメント

こんばんは

時折、出現する黄疸の児ということですね...のう胞は胆管合流異常の一種ということはないでしょうか?

先天性のものでも、年長になってから見つかることもありますし....

投稿: いなか小児科医 | 2007年8月31日 (金) 19時07分

いなか小児科医さん

 コメントありがとうございます。眠らせてMRCPなどやっておきたいところでしたが、どちらにしても外科的に処置ができるところでと思い、すぐに紹介してしまいました。

 詳細がわかりましたらアップします。

投稿: クーデルムーデル | 2007年9月 1日 (土) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/7749935

この記事へのトラックバック一覧です: これは何?:

« 宿題 | トップページ | 夏祭り »