« 水に慣れる | トップページ | じめじめ »

2007年7月 4日 (水)

しょうがない・・・

 「米軍が原爆を投下したのはしょうがない。」との発言で初代防衛大臣が辞任した。猛烈な非難を浴びているのもしょうがないだろうとは思う。特に原爆の被害者からすればその怒りももっともであろう。原水爆禁止運動活動家などは被爆国の大臣の発言にあきれるほかないというところだろう。

 大臣が公の場でこのような発言をしたことは、例え言葉が足らなかったにせよ許し難いことであることは理解できる。しかし歴史的事実をどう受け止め、どう表現するべきなのか、そのあたりをしっかりしておく必要があるのではないか。

 原爆投下はソ連の軍事侵攻を阻止するために行われたと言われている。日本が無条件降伏を受け入れない限り、ソ連の参戦は間近に迫っていた。ソ連は日ソ不可侵条約を一方的に反古にし、アメリカとの対立と不凍海岸奪取という目的のため日本を食い物にしようとしていたのだ。原爆はそれを回避するのに必要で、現にこれによりソ連の侵攻を回避できたのだ。ソ連が侵攻していたなら、おそらく北海道は未だにロシアの領土であろうし、もしかしたら東日本全体が北朝鮮のような状況になっていたかもしれない。とすると今の日本の繁栄があるのは、米国のおかげであり、原爆もやむおえなかったとする考えもありえないものではないことがわかる。そして今現在も米国の核の傘の下にいるおかげで、経済大国としての地位を確立できていることも紛れもない事実なのだ。

 一方で原爆を使用することの逡巡が米国にあったのだろうか。新興国であり白人に唯一楯突く黄色いサルで原爆の威力を試してみようという思いは少なからずあったに違いない。一瞬にして戦闘員ではない一般市民を大量虐殺し、しかもその後の放射能汚染で何十年も苦しむヒトを観察することの残虐性とおろかさをどう考えたのだろうか。

 長崎市民であり、防衛省大臣である久間大臣にそのことがわからなかったはずはない。一方だけを言うことの意味のなさを考え、あのような発言になったのだろうと容易に想像はできる。

 では今後どのようなスタンスで米国と向き合えというのだろうか。原爆を落とした罪を償えと謝罪と保証を某国のように要求すべきなのか。核を所持している米・中・露に囲まれ、何も持たない国が虚勢を張ったところでひねり潰されるのが落ちであろう。卑屈で悔しいのだが、米国の核の傘の下でジッとしているほかないというのが本音ではないか。ならば誰も久間大臣を責めることなどできないのではなかろうか・・・・

 もしそうではないというのなら、自国の軍隊を超一流に格上げし、原子力潜水艦を持ち、アメリカからのお仕着せのミサイル防衛など捨てて自前で作り上げ、核を持つか核以上の兵器を手にしなくてはならないだろう。

 悲しいことだが外交努力など各国の利害関係が破綻すれば屁の突っ張りにもなりはしないのだ。

|

« 水に慣れる | トップページ | じめじめ »

コメント

久間元大臣の失言も さることながら
安倍首相の困惑も さぞかし大きかったであろう。
現自民党に大きな失政がある訳でもないので
動じずに進んでもらいたい。
政治の混乱は 影響が大き過ぎます。

投稿: 犬と猿 | 2007年7月 4日 (水) 18時35分

犬と猿さん

 安倍総理も胃が痛いでしょうね。次から次へと足を引っ張る大臣には辟易しているはずです。

 医療行政を除いて大きな不満は私にはありません。年金問題も政府や自民党の問題というより社保庁の担当者のいいかげんさが招いたことですし。ただこれの対応として不明となった人は一律いくらの保証を確約しますとすぐに声明をだすべきだったのではと思いますが。

投稿: クーデルムーデル | 2007年7月 5日 (木) 08時48分

1000年後の歴史認識としては、客観的に正しいことかもしれませんが、たかだか60年で自己判断するべきこととは思えませんし、それを聞いた国民がどう反応するかに思いが至らない想像力のなさには、政治家の失言を耳にするたびにがっくりしてしまいます。

もしかしたら、その認識が正しいのかもしれません。そう思うなら、中途半端な謝罪などせず、堂々としているべきでしょう。「選挙に影響があるので辞任します」を繰り返す久間氏には、自民党に特別アレルギーのない私でも、神経を逆撫でされました。

投稿: ポリ | 2007年7月 6日 (金) 16時33分

ポリさん

 そちらでは原爆を落としたことに対する一般市民の意識はどうなのでしょうか。人それぞれとは思いますが、有色人種には原子爆弾も劣化ウラン弾も平気で使用するアメリカに抗議のひとつもしないでどうするのかと思っています。

 そこまで卑屈にならなくちゃ核の傘の下にいられないのでしょうかね・・・

投稿: クーデルムーデル | 2007年7月 6日 (金) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しょうがない・・・:

« 水に慣れる | トップページ | じめじめ »