« 聴いてみたい | トップページ | 期待はずれ »

2007年7月20日 (金)

真実は・・・

 本日3稿目。そう夏休み前最後の日であり、小児科は暇・・・・・・

 中国製品の安全性を問う声が世界中から挙がっている。中国当局はその火消しに懸命だろうが、一向に収まる気配がない。これまでもありえたことが、ここにきてこれほど噴出するということは誰かが意図的に操作している可能性もあるだろう。ロビースト活動が活発に行われ、内々に処理できうるだろうアメリカで火の手が上がっていることから、アメリカとの関係がゆがんできているのだろうと察するがいかに?

 と考えていたところに、段ボール肉まんというショッキングな事件が北京から伝わってきた。あるブログでは「さすが中国。(日本の)3億光年先を行っている。」(日本のミートホープは偽装と言っても牛肉と偽って鶏肉をまぜたが、中国は食えない段ボールを混ぜた)と表現されていたし、実際に段ボールで作れるのか実験をしたという有名中華シェフの画像もネットで流れている。中国恐るべしと思っていたら、昨夜になってこの報道はやらせだと判明したとのこと。

 もし本当にやらせならば北京放送のディレクターが自分の名前を売りたいがために行ったことと考えるのだろうか。中国当局が火消しに東奔西走していることはもちろん知っているだろう。ばれたら中国のことだ、厳罰が待っていることも判っていただろう。しかもこれがやらせならすぐにばれるだろう・・・・それならば当局がやらせを画策し、これを処罰することで、これまでの批判は根も葉もないこととしたいのではないかという裏を読んでしまうがいかに?

 もし本当のことならば、中国当局はオリンピック前の北京であってはならないこととして、北京放送自身にやらせであったという偽謝罪を世界に流させることくらい容易なことであろう。それでも言論弾圧の激しい国で、先の報道が出来たことの方が驚嘆に値するように思う。とするとわざと流させてやらせでしたと謝罪させたと考える方が合点がいくようにおもうがいかに・・・・・

|

« 聴いてみたい | トップページ | 期待はずれ »

コメント

やらせにしても 発想が貧弱だね。
国内の視聴率競争の結果らしいが
ダンボール=食物、 の連想が出来ない。
野蛮でしかない。
ミートホープの方が まともだ。


投稿: 犬と猿 | 2007年7月20日 (金) 17時45分

犬と猿さん

 本当に視聴率競争なんですかねぇ?
 この時期だけに勘ぐってしまいます。

 記事にも載せましたが、実際に作って食べてみると紙の味が残るらしいです。そりゃそうですよね、肉まんについている敷き紙が少し口に入っただけでやっぱりわかりますものね。食い物ではありません!

投稿: クーデルムーデル | 2007年7月20日 (金) 21時25分

こんにちわ(^^ゞ
時期的にも、あの謝罪はやらせだと思っています。。中国政府による火消しでしょう。。

以前、香港のディズニーランドで、中国人のタバコポイ捨てが問題になった時、ポイ捨てをした中国人にインタビューをしたところ、「ポイ捨ては中国の文化だ!何が悪い」って逆キレをしていました。その時、中国人の倫理観の欠如に驚きましたが、ポイ捨てが文化である中国にとって、ダンボールの肉まん混入なんて、ありえる話のような気がしませんか?

投稿: doradora | 2007年7月21日 (土) 13時24分

doradoraさん

 あのーーー、それは単なる逆ギレだと思うのですが・・・(笑)

 でもやはりもみ消しですよね。

投稿: クーデルムーデル | 2007年7月21日 (土) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/7211347

この記事へのトラックバック一覧です: 真実は・・・:

« 聴いてみたい | トップページ | 期待はずれ »